医療法人社団 藤聖会トウセイカイ

医療法人社団 藤聖会

富山西総合病院
業種 医療関連・医療機関
福祉・介護/団体・連合会/その他サービス
本社 富山
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

地域サポートセンター
Y.N(入社2年目)(24歳)
【出身】日本福祉大学  福祉経営学部 医療・福祉マネジメント学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 地域サポートセンターの窓口業務。様々な相談、依頼に応えます。
当院の地域サポートセンターの窓口には、様々な方が来られます。中でも、紹介状を持参された患者様の受付をしたり、利用できるサービスを紹介したりと、地域の社会資源との連携を円滑に進めることは重要な仕事の一つです。
また、入院が決まった患者様に対して、入院生活や必要書類について案内する業務も担っています。急に入院が決まった場合、患者様や家族様が動揺、混乱されているケースも少なくありません。そのため、緊張や不安を和らげつつ、必要な情報を的確にお伝えする必要があります。話の内容をまとめたメモをお渡しする等、患者様が後から困らないように工夫しています。
今何が必要なのか考え、臨機応変に対応する力が身についていると感じ、充実した日々を送ることができています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
患者様の笑顔や感謝の言葉にやりがいを感じます。
地域サポートセンターは「総合相談の窓口」であるため、様々なご意見や相談が寄せられます。特に医療や介護に関する相談はとても幅広く、制度も複雑であるため、1年目のうちは何を質問されているのか理解できないこともありました。現在も先輩方の姿を見て学び、分からないことは積極的に調べるようにしています。
患者様の苦労や不安な気持ちに寄り添うことを心がけており、患者様の笑顔を見られた時や「あなたに相談してよかった」「ありがとう」といった感謝の言葉をいただいた時に嬉しさを感じます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 一人ひとりの患者様や地域に寄り添う病院。
私は当院の理念“Good Neighbors Good Hospitality”に感銘を受けました。説明会に参加した際も、“良き隣人”として様々な職種が輪になって患者様を支えている取り組みが印象的でした。また説明会や面接でお話しさせていただいた事務の先輩方の雰囲気がとても和やかで、自分もこのチームの一員になりたいと思いました。
さらに現職場である富山西総合病院は2018年に開院した新しい病院であり、明るく綺麗な院内や立山連峰を一望できるガラス張りの廊下も大きな魅力の一つだと思います。
 
これまでのキャリア 地域サポートセンター(現職・今年で2年目)

この仕事のポイント

職種系統 一般事務・営業事務
仕事の中身 イキイキした地域社会をつくっていく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分が働く上で大切にしたいことは何なのかを明確にし、堂々と就職活動に挑んでいただきたいです。また基本的なことですが、分からないことや気になることは積極的に質問し、後悔のない選択ができるよう、小さな疑問も溜め込まずに一つひとつ解消していくことが重要だと感じます。その姿勢は就職後にも様々な場面で役に立つと思います。応援しています。

医療法人社団 藤聖会の先輩社員

病院の設備や体制の評価を維持し、「病院の格と質」を守る

事務部 医事課
T.N(入社5年目)
富山大学 人文学部・人文学科

病院の取り組みを院内外問わず広く発信する

事務部 総務課
R.F(入社5年目)
富山大学 人文学部・人文学科

院内各部署の円滑な業務を支える

事務部 総務課
T.I(入社2年目)
京都産業大学 経済学部・経済学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる