株式会社共同紙販ホールディングス
キョウドウカミハンホールテイングス
2023

株式会社共同紙販ホールディングス

東京証券取引所ジャスダック市場上場
  • 株式公開
業種
商社(紙)
本社
東京

私たちはこんな事業をしています

当社は、主に印刷用の紙や紙製品の販売、紙の加工など「紙」に関連する事業を主に手がける会社です。私たちが提供する紙が新聞や本、雑誌、広告など形を変えて全国の人のもとに届いています。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

私たちと一緒に、紙の未来をつくっていきませんか?

ITの爆発的な普及は、従来の産業構造やビジネスモデルを根本的に変えていくことでしょう。事務作業のペーパーレス化やAIによる代替など、みなさんも聞いたことがあると思います。当社は現在、印刷用紙や情報用紙などの領域に大きな強みを発揮。今後は、家庭紙、介護用品、板紙、機能紙、産業用設備機器などの販売を強化し、紙がもつ無限の可能性を開拓していきます。また、自社ブランド商品、森林認証など高付加価値商品を戦略的に拡販し、全国シェアの拡大を図ります。さらに、各メーカー・各仕入先との信頼関係をより緊密化し、万全の安定供給体制を確立。グループの総合力を生かして、物流の合理化などにも積極的に取り組んでいきます。

事業・商品の特徴

文化・教育を支える紙を扱う

当社が提供する紙は雑誌や新聞、広告などのほかにも、ティッシュやトイレットペーパー、印刷用紙、封筒用紙、クラフト紙などさまざまな製品に姿を変え、消費者のみなさんの元へと届きます。当社は、いってみれば紙のトータルコンサルタントです。IT機器の発展によって紙に触れる機会が少なくなってきたという人もいるかもしれません。しかし、紙の持つ質感や重さ手触りはこれから先もニーズがあり、「紙」は教育と文化の発展に必要不可欠なものだと考えています。又、近年では世界的に脱プラスチックの動きが広がっており、環境に優しい「代替素材」として、ストローやショッピングバックを紙製に変更する企業があるなど注目も高まっております。

仕事内容

紙の総合商社としてお客さまに商品を提案・提供

みなさんは、総合職として入社していただき、入社後に適性を踏まえたうえで一般事務や営業といった各部署に配属いたします。紙の会社と一言でいっても紙の種類は多岐にわたり、使い方もさまざまです。そのため、商品に対するニーズも提案の仕方も企業によって異なります。紙を通したサービスの提案をすることもあれば、販促営業をすることもあります。また、納期の管理など細かい作業を行うこともあります。入社直後は電話を取りながら商品の受発注業務や先輩社員との同行営業を通して少しずつ仕事を学んでもらう予定です。一方の事務職は社内で行う業務全般を担っていただきます。仕事の範囲は広いため、さまざまな経験を積むことができます。

会社データ

事業内容 (1)紙及び紙製品の販売(2)紙加工業(3)倉庫業(4)不動産の賃貸及び管理
設立 1952(昭和27)年3月
資本金 23億8,105万2,540円
従業員数 134名(2019年1月現在)
売上高 153億9,906万円(2018(平成30)年3月期)
代表者 代表取締役社長   郡司 勝美
事業所 本社:東京都台東区北上野一丁目9番12号 住友不動産上野ビル6階
支店:北関東、大阪、名古屋、福岡、仙台、鹿児島
沿革 1947(昭和22)年3月 東京都豊島区西巣鴨にて林紙業社を創業、各種和洋紙の販売を開始。
1952(昭和27)年3月 株式会社に改組(資本金15万円)、商号を株式会社河内屋に変更。
1955(昭和30)年1月 商号を株式会社河内屋洋紙店に変更。
1964(昭和39)年4月東京都北区滝野川に河内屋ビルを新築し、本店営業部を設置。
1965(昭和40)年4月埼玉県戸田市笹目南町に戸田配送センターを設置。
1974(昭和49)年4月 商号を河内屋紙株式会社に変更。
1989(平成元)年11月 株式を社団法人日本証券業協会に店頭登録。
1998(平成10)年7月本店を東京都北区滝野川に移転。
2003(平成15)年10月 会社分割により物流事業部門を分社化し、関東流通株式会社(当社連結子会社)を設立。
2004(平成16)年12月株式会社ジャスダック証券取引所に株式を上場。
2006(平成18)年6月 代表取締役社長に郡司勝美が就任(現任)。
2007(平成19年)4月本社を東京都文京区本駒込に移転。
2008(平成20)年4月 商号を株式会社共同紙販ホールディングスに変更し、はが紙販株式会社と合併。同時に100%子会社である河内屋紙株式会社及びはが紙販株式会社を設立。
2008(平成20)年5月 本社を東京都中央区晴海に移転。
2009(平成21)年5月 株式会社トモエの洋紙販売業等を事業譲受。
2010(平成22)年4月 100%子会社である河内屋紙株式会社及びはが紙販株式会社を吸収合併。
2011(平成23)年4月 本社事務所を東京都台東区北上野に移転。
2013(平成25)年7月 東京証券取引所ジャスダック市場に株式を上場
2016(平成28)年6月監査等委員会設置会社へ移行
ホームページ http://www.kyodopaper.com/ja/Top.html
【新型コロナウイルス感染症への対応 】 新型コロナウイルス感染症が広がっている現状を鑑みて、3月に予定をしておりました会社説明会は中止することと致しました。
4月以降につきましては、現状を見極めながら検討致し、決まり次第、リクナビの「採用情報」画面にて、ご案内します。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)