ヤマネ鉄工建設株式会社ヤマネテッコウケンセツ
業種 建材・エクステリア
建設
本社 山口
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

設計部情報管理課
清水 孝憲(28歳)
【出身】山口大学  経済学部 経営学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 建築用鉄骨専用CADの機能向上に向けた開発業務
建築用鉄骨の設計には専用のCADが用いられるのですが、その改良と導入のための検証を行っています。これまでのCADデータはいわゆる一般的な設計図面として扱われるものだったのですが、そこに加えて鉄骨の形状や重量、工程や工法など様々な情報を紐付けることで、制作業務全般に多面的な活用ができるようにしていく。これが現在の自分のテーマですね。多彩な情報を一元管理できるようになれば、お客様から製品の仕様データを求められた時の対応などがよりスムーズになりますし、現場での作業ミスの削減や作業効率の向上にも繋がります。こうした重要な業務を担当しているという責任感、また仕事のやりがいはとても大きいです。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
手間のかかる積算業務を自動化するソフトを導入提案
入社からしばらくは、営業統括部で予算と見積もりの管理業務を担当していました。当時の重要な仕事の一つに、構造図を元に鉄骨の重量を計算する「重量積算」というプロセスがあるのですが、当時はこれをエクセルシートを使った手計算で対応していました。その業務をなんとか効率化できないかと考えていた矢先、鉄骨業界の専門誌で専用CADの記事を見かけ、これなら…と上司に導入を提案。デモの検証などを行った末に導入が決定し、結果現場での作業効率も1.5倍にアップしました。まず自分の提案で物事が動いたという点がとても嬉しかったですし、この時の成果は現在の自分の仕事にも結びついています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分の「やりたいこと」をじっくり考えて入社を決意
まず地元である山口で働きたいという希望はあったのですが、当初は金融機関への就職を考えていました。しかし自分が本当にやりたいことは何かを再確認した時に、やはり「形に残るモノを作る」仕事に就きたいと思い直して軌道修正。「山口県内にありながら、日本を代表するクラスの巨大建築物に関われる」という点に惹かれて、ヤマネ鉄工建設への入社を決めました。文系出身なので学ぶことも多く大変でしたが、周囲の人々には本当に恵まれたと思います。上司ともとても相談しやすいですし、多くの人との対話を通してコミュニケーションの大切さもしっかり勉強できました。
 
これまでのキャリア 営業統括部(2年)→営業統括部※東京勤務(2年)→(現職・3年目)

この仕事のポイント

職種系統 一般事務・営業事務
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 使命感に燃えやすい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分の場合もそうだったのですが、しっかりと「自分が本当にやりたいこと」を考えて就職活動に臨むことが大切です。具体的なイメージがあるほど、理想となる会社との出会いの機会も増えてくると思います。

ヤマネ鉄工建設株式会社の先輩社員

営業活動をしっかりと支える、見積もりデータの作成

営業統括部営業一課
田中 芳
山口大学 経済学部 経済法学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる