多摩川精機株式会社
タマガワセイキ
2023
業種
精密機器
半導体・電子部品・その他/自動車/輸送機器
本社
長野
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

高精度な位置・角度制御技術をコアに、航空・宇宙・次世代自動車・ロボット等の幅広い分野で、世界最先端のニーズに応える製品を提供しています。技術開発者が日夜研究開発を行い、ハイブリッドカー搭載の角度センサや電車用速度・車高センサ、エレベータ用センサ等、世界有数のシェアを誇る製品を数多く生み出しています。最先端分野でオンリーワンの製品を生み出し続け、地方から世界へ、技術を武器に未来を創る会社です。

当社の魅力はここ!!

戦略・ビジョン

地方から世界へ。独自の技術が強みの「グローカル」企業

「地域の発展のために安定した産業を根付かせたい」という創業者の思いから、長野県・青森県に拠点を構える当社。地域密着型企業でありながら、世界のトップメーカーを相手に仕事をすることができるのが当社の特徴です。「主役は社員」をモットーに、技術を育て、技術を売る「技術開発型企業」としてオンリーワンの技術を世界に発信しています。世界のエネルギー問題に変化をもたらす「EVシフト」、ヒューマンエラーによる事故を低減し、安全をもたらす「自動運転」の普及拡大等にも当社の技術で貢献し、これからもオンリーワン、ナンバーワンを生み出し続ける「グローカル」な企業として成長を続けていきます。

事業優位性

世界有数のシェアを誇る製品多数。技術を育てて技術を売る。

当社の主力商品である角度センサ・モータは、航空宇宙分野、産業用ロボットや工作機械、次世代自動車など、将来性の高い幅広い分野で活躍しています。ハイブリッド自動車に搭載される角度センサは世界シェアNO.1を誇り、電車用速度センサ・エレベータ用センサなどの製品についても世界有数のシェアを誇っています。当社は、二次元の位置・角度センサと三次元の位置・角速度センサを共に設計開発・製造している世界でも珍しいメーカーです。当社製品は海底から火星まで、幅広い分野・場所で活躍しています。

技術力・開発力

自社研究・産学連携、圧倒的な開発力で世界のニーズに応える

社員約680名のうち200名ほどが技術者であるという数字に表されるように、徹底した技術力の追求・向上を目指す技術者集団である当社。本社や各事業所内にある専門の研究所では、航空・宇宙・自動車・ロボットなどの分野で、最先端技術を日々生み出しています。また、2005年には地元の大学と研究開発や新事業の創生を目指す「包括的連携協定」を締結。産学連携による多角的・包括的な研究開発を行っています。将来を見据えた開発、高い技術力で世界のトップメーカーのニーズに応え続けています。

会社データ

事業内容 ◆サーボコンポーネント(エンコーダ、レゾルバ、レートセンサ、ジャイロ、ACサーボモータ/ドライバ/コントローラ、ステップモータ/ドライバ、シンクロ、LVDT等)、監視カメラシステム、慣性計測装置、自動制御機器、バイオ研究用試薬等の設計開発・製造・販売
設立 1938(昭和13)年3月
資本金 1億円
従業員数 約680名(2021年6月現在)
売上高 547億円(連結・2020年実績)
代表者 代表取締役社長 関 重夫
事業所 ◆本社・第一事業所/長野県飯田市大休1879
◆第二事業所/長野県飯田市毛賀1020
◆第三事業所/長野県下伊那郡松川町元大島3174-22
◆八戸第一工場/青森県八戸市北インター工業団地1-3-47
◆八戸第二工場/青森県八戸市北インター工業団地1-147
◆三沢工場/青森県三沢市大津2-100-1
◆福地第一工場/青森県三戸郡南部町大字法師岡字勘右衛門山1-1
◆福地第二工場/青森県三戸郡南部町大字法師岡字仁右エ門山3-23
◆研究所:スペーストロニックス研究所、センサトロニックス研究所、モータトロニックス研究所
◆営業所:全国8拠点(埼玉、東京、神奈川、長野、愛知、大阪、福岡)
沿革 詳細は、当社ホームページ【沿革ストーリー・多摩川精機の今日までのあゆみ】をご覧ください。
https://www.tamagawa-seiki.co.jp/jpn/japan/company/enkaku.html

1938年 東京蒲田に故 萩本博市により創立、社名を多摩川精機(株)とした
1942年 農業中心の郷里の発展は精密機械工業化しかないとの創業者の夢を実現すべく、
           長野県飯田市に飯田工場を建設竣工
1957年 400Hz系シンクロ電機の防衛庁規格が制定され、シンクロ電機メーカーとしての当社の
           地位は不動のものとなった
1960年 大きな慣性を特つ転輪の特殊加工技術を生かしてジャイロ装置の製造を開始
1963年 東京本社に研究所建設。基礎技術研究・情報・営業拠点としての活動を開始
1979年 東京大学野辺山宇宙電波観測所向けアンテナ用高精度多極シンクロを開発。
           世界最高の角度検出制度3秒台を達成
1999年 青森県八戸市に新製品の研究開発拠点を備えた新たな本格的事業所として、
           八戸事業所を開設
2003年 航空宇宙電装品事業の拡大に伴い、飯田市毛賀へ第2事業所を開設
2005年 車載センサ事業の拡大に伴い、下伊那郡松川町へ第3事業所を開設。
           信州大学工学部と研究開発および新事業の創生等を目指す「包括的連携協定」を締結
2007年 東京工業大学横浜ベンチャープラザ内に「東京バイオ開発センター」を設立
2016年 第二事業所内へ民間航空機事業本部を設立
2017年 ジャイロ事業の拡大に伴い、八戸市へ八戸第2工場を開設
2018年 創業80周年
ホームページ https://www.tamagawa-seiki.co.jp
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)