株式会社ピーコック
ピーコック

プレエントリーとは、「御社に興味があります」という意思表示です。エントリーシートの提出締切や説明会・面接開催情報を企業から受け取ることができます。

株式会社ピーコック

冷凍食品製造/ファーストフード/居酒屋運営
  • OpenES
  • 正社員
業種
食品
外食・レストラン・フードサービス
本社
新潟

私たちはこんな事業をしています

ピーコックは、1971年に鉄板ビジネスを創業。
その後、冷凍商品製造へ進出し、たこ焼きなど粉ものに加え、焼きそば製麺もスタートさせ、
食品メーカーと店舗経営を両輪とする事業スタイルを確立しました。

現在では、長岡市のほかベトナムに生産と流通の拠点を設け、
アジアはもちろん将来的にはヨーロッパ市場を視野に、
おいしさと安全性をかなえた商品群を提供し、「おいしさ・つくりたて・日本の心」を伝えていきます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

粉ものに特化し、店舗運営事業と食品メーカーを両立

お祭りの縁日で、ショッピングモールのフードコートで、老若男女を惹きつける鉄板の上で焦げるソースの香り。日本人のソウルフード、たこ焼きと焼きそばを、50年間、提供し続けてきました。新潟県から関東、甲信、東北への出店を果たし、このおいしさとお祭りのワクワク感を家庭でも味わえるよう、1991年に冷凍食品製造事業へ進出。たこ焼き、焼きそば、ラーメン、うどんなど粉ものに特化し、素材や製造方法、衛生管理にこだわり、独自の製造工程を確立しました。長岡市だけでなく、ベトナム、インドネシアにも製造拠点を設け、ピーコックブランドのさらなる進展と拡大をめざしています。

戦略・ビジョン

オンリーワンではなく、業界ナンバーワンをめざす

1971年の創業から一貫して「おいしさ・つくりたて・日本の心」という経営理念を掲げ、「オンリーワンではなく、ナンバーワンであれ」の意識を持ち続けて、競合他社と競い、戦い抜く力を付けた私たち。冷凍たこ焼きで業界ナンバーワンの実力を有する企業をめざし、成長を続けています。50年間で培ったノウハウや設備、ネットワークと「より高みをめざす」姿勢をベースに、食の変化やニーズに対応すべく、新たな商品開発スピーディな行動を。そのために、今こそ、若い感性や視点、発想力が必要です。ピーコックの第二創業期を共につくっていく仲間を求めています。

社風・風土

長岡発。ひたむきに前向きに世界へ。

ピーコックは長岡生まれの長岡育ち。長岡市に本社と2つの食品製造工場、流通センターを持ち、商品を開発・製造しています。実は、冷凍食品製造はゼロからの出発でした。原料をどう調達するか、店では可能な火力の微調節を工場のラインでどのように再現するかなど試行錯誤の連続でした。「粉にまみれ、ソースのにおいが体に染みつくほど鉄板と向き合ってきたピーコックだからできる」と信じ、努力してきました。ひたむきに、前向きに、粘り強く――それがピーコックイズムです。市場を拡げ、アジアに生産拠点を設けた現在も、この思いは変わりません。

みなさんにはこんな仕事をしていただきます

【冷凍食品事業部】製造、品質管理、営業開発、商品開発

『外はこんがり、中はとろ~り』のたこ焼きを始め、焼きそばやラーメン、うどんなどの「粉もの」を、
店舗でも家庭でも
日本中で、また海外でも
味わっていただくための仕事です。一人ひとりの適性や志望に応じて選んでください。

会社データ

事業内容 【冷凍食品事業】
生産量”日本一”のたこ焼きを中心に
お好み焼き、今川焼、たい焼き、かた焼きそば麺などを製造。
徹底した品質管理、衛生管理、人材管理で
「より美味しく、より安全」な商品を製造しています。

【ファーストフード事業】
ショッピングセンターのフードコートを中心に
焼そば、たこ焼、ラーメン等の店舗を展開。地域特性にあった店舗運営を行い、
その地域で喜ばれる味・品質・サービスを提供しています。

焼き物専門店/頑固石焼、まるたこ本舗、勝太鼓
ラーメン専門店/福麦亭
スイーツ専門店/フードボートカフェ

【居酒屋事業】
50年間培ってきた「粉と鉄板」を扱うノウハウをもとに
地元食材や旬の食材を使った”鉄板料理”を提供。
「気づきと人づくり」で地元貢献しています。

長岡大手通酒場「 鉄の音」
設立 1971年5月
資本金 6370万円
従業員数 213名(男性81名、女性132名)(2020年5月期実績)
売上高 42億円(2020年5月期実績)
代表者 代表取締役社長 塚本 功
事業所 本社・工場/新潟県長岡市新産3-2-1
小国工場/新潟県長岡市小国町小栗山83

店舗/甲信越、東北、関東地区に約50店舗
海外拠点 工場/ベトナム ハイフォン工場・ブンタオ工場
    インドネシア スラバヤ工場
合弁会社「GLOBAL TAKO BALL」/ベトナム ブンタオ市
沿革 昭和46年 新潟県長岡市長崎屋にて、焼そばとたこ焼の1号店を出店
昭和51年 ダイエー横浜西口店等に出店し、22号店までになる。
昭和57年 50号店出店
昭和62年 100号店出店
平成3年9月 冷凍食品工場を新設。(株式会社ピーコックジャパンとしてスタート) 
平成10年6月 株式会社ピーコック、ピーコックジャパン、ピーコックフード、関東ピーコックの4社を合併し、株式会社ピーコックとなる。
平成10年11月 長岡市新産にて、本社流通センターを新設。
平成12年1月 冷食部門にてISO9001の認証を取得。
平成16年6月 農林水産大臣賞 地域貢献部門受賞
平成20年7月 冷凍食品経営本部(海外事業部門除く)・小国工場にてISO22000の認証を取得。
平成22年2月FF経営本部(一部店舗)にてISO9001の認証を取得。
平成27年8月 冷凍製麺事業参入
平成29年7月 ベトナムに合弁会社「GLOBAL TAKO BALL」設立
平成30年7月 居酒屋事業参入

連絡先

〒940-2127
新潟県長岡市新産3-2-1

人事部:安澤(あんざわ)

0258-21-4001
anzawa@peacock-japan.co.jp
掲載開始:2022/01/31

株式会社ピーコックに注目した人は、他にこんな企業を注目しています

株式会社ピーコックに注目した人は、他にこんな条件から企業を探しています

プレエントリー候補数が多い企業ランキング

あなたの学校のランキング

さらにログインすると…

あなたの学校の学生が注目している
企業ランキングが見られます!

※リクナビ2023における「プレエントリー候補」に追加された件数をもとに集計し、プレエントリーまたは説明会・面接予約受付中の企業をランキングの選出対象としております。

リクナビTOPへ

プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)
プレエントリー候補に追加プレエントリー候補に追加済
プレエントリー候補に追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
プレエントリー候補の追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)