株式会社高嶺木材
タカミネモクザイ
2023
業種
建材・エクステリア
建設/農林
本社
熊本

私たちはこんな事業をしています

宮崎県は、杉の生産量が日本一です。当社は、飫肥杉(おびすぎ)をはじめとする宮崎県の森林豊富な山々に面し、対面には太平洋の大海原が広がる位置に本社・工場を構えております。原木の調達から、生産・品質管理、出荷まで一貫して実施。また、SGEC(森林認証制度)を取得しており、製品の品質につきましてはJAS規格の認定を取得しております。今後も安心して使っていただけるよう、高品質な製品作りをしてまいります。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

杉生産量日本一の宮崎県において、高品質な建材を製造・販売

当社は1943年に創業し、当初は自社保有の山の杉を製材・販売しておりました。その後、小売り部門を廃止して製材事業に特化。杉生産量日本一を誇る宮崎県の木材を加工する事業を続けております。なかでも飫肥杉(おびすぎ)は、弾力性に富み、湿気に強く、腐りにくい性質があり、しかも曲げに耐えるため加工しやすいという、建築構造用材に最適な杉です。こうした豊富な森林資源を生かし、高品質な木材を製造・販売しています。また、人工乾燥材(KD材)や需要の高いプレカット加工材など、付加価値の高い木材の加工・販売も手掛けることで、全国各地のお取引先からご愛顧いただいております。

戦略・ビジョン

時代のニーズに合う部門を拡大し、さらなる事業拡大を目指す

現在主流となっている住宅建築において、プレカット材は欠かせないものとなっています。プレカットとは、建築現場で施工する前に、工場で木材を用途に合わせてカットしておくことを指し、工期の短縮や廃材の削減につながっているのです。当社でもプレカット事業部を設けており、おかげさまで多くのお取引先から受注をいただいております。今後はこのプレカット事業部の営業部門をさらに強化し、販売力を高めて事業拡大を目指す所存です。また、2020年3月に約1万坪を有する原木土場と最新製材設備を設けた、新しい製材工場を稼働。さらに効率的に高品質な製品づくりに取り組んでおります。

事業優位性

豊富な森林資源に隣接している立地を生かし、一貫生産を実現

当社は豊富な森林資源を有する山々に面して立地しております。しかも、対面には太平洋が広がっており輸送にも便利。こうした恵まれた立地条件を生かし、原木の調達から生産・品質管理、そして出荷までを一貫して手掛けることで、効率的かつ高品質な製品づくりを実現しているのです。また、SGEC(森林認証制度)とJAS規格の認定を取得しており、品質管理にも注力。これまでに、JR九州の観光列車「海幸山幸」の内装材に、当社の準不燃材が採用されるなど、高い評価を得ております。今後もお客さまに当社の製品を安心してお使いいただけるよう、市場のニーズにマッチした開発と、環境保全に取り組んでまいる所存です。

会社データ

事業内容 飫肥杉などの木材の製材とプレカット、当社製品の販売
設立 1985年4月1日
資本金 1,350万円
従業員数 85名(***年*月時点)
売上高 27億3,000万円(2019年1月時点)
代表者 代表取締役 高嶺 清二
事業所 ■本社
〒887-0111
宮崎県日南市大字伊比井173-1

■工場・支店
高原(たかはる)工場(宮崎県西諸県郡)、都城工場(宮崎県都城市)、東京営業所(埼玉県越谷市)、鹿児島支店(鹿児島県姶良市)、鹿屋営業所(鹿児島県鹿屋市)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)