国際空港上屋株式会社コクサイクウコウウワヤ
業種 航空
倉庫/各種ビジネスサービス
本社 東京

先輩社員にインタビュー

輸出業務部
S.Y(24歳)
【出身】東京外国語大学  国際社会学部国際社会学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 日本から輸出される貨物や書類を管理する業務
航空会社に代わって航空機に搭載する輸出貨物の管理をする業務に携わっています。具体的には書類の管理と、作業の進捗管理です。
書類の管理は到着地や貨物の内容に応じて必要な項目を確認して書類を作成し、貨物の情報をシステムに入力しています。
進捗管理は貨物が時間内に私たちの会社に搬入され、事前の航空会社からの指示書通りに積み付けが進んでいるか状況を把握し、航空会社などとスケジュールの調整を行います。

書類の情報を入力することや実際の貨物を見ることで日本から機械部品、食品、衣服など大小様々なものが海外に輸出されていることが分かり、物流の規模がどれだけ大きいかや、日本と世界をつなぐ国際物流の一端を担っていることを実感できます。あまり身近ではない航空貨物の世界ですが、なくてはならない仕事です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
海外へのメッセージに自分の名前が!
最初は航空貨物に関する知識が全くなく、先輩が分からないことを説明してくれるなかに出てくる用語が分からなかったり、毎日新しいことを覚えるので精一杯でした。
私が担当する輸出ドキュメント業務は日本から輸出される貨物に関する書類の管理から始まって次に進捗管理へとステップアップしていきます。
配属されて半年で進捗管理をするようになり、危険物や重量貨物などを航空機に搭載する際、
事前に海外の到着地にメッセージを送ります。そのメッセージを初めて自分の名前で送ったとき、任せてもらえたことを実感し、嬉しかったと同時に責任を感じました。
一年目ですが、やりたいと言えば上司や先輩が見守っていてくれて仕事を任せてもらえる環境にあります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 業務内容が幅広く、海外と関われる会社です
大学で国際関係を専攻し、日本と世界をつなぐ仕事がしたいと思っていました。
その中で、自身の興味の範囲が広く様々なことに挑戦してみたいと考えていたため、幅広い業務内容があるこの会社に魅力を感じました。
また、近年新規分野へ積極的に進出していることから、今後も新しいことをできるのではないかと思い入社を決めました。
当社は航空貨物の輸入共同上屋業務からスタートした独立系なので、地域や航空会社同士のアライアンスに縛られず様々な航空会社のハンドリングができることも強みです。
社内の雰囲気はアットホームで、社内報には年男年女が載ったりします。
 
これまでのキャリア 輸出ドキュメント業務(現職・今年で2年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

社会人になると異種業の会社について知る機会はあまりありませんが、就職活動のときは社会のなかの様々な会社を知ることができます。
興味のある業界・会社だけでなくいろいろな会社の説明会に行ってほしいと思います。ただ就職先を探すだけでなく、人に出会って話を聞いて、自分の世界を広げるチャンスにしてください。
いつか役に立つときがくると思います。

国際空港上屋株式会社の先輩社員

社内外で社員に実施する教育管理および外部からの監査の対応

業務管理部業務企画課
H.O
青山学院大学 国際政治経済学部 国際政治学科

会社の運営効率を高めるための事業を企画しています

経営企画部企画課
Y.M
法政大学 情報科学部

医薬品輸送の品質認証の取得を目指す

業務管理部 CEIV Pharma認証プロジェクトチーム
T.O
明治大学 文学部文学科 英米文学専攻

アドミニストレーション業務。他空港からの問い合わせ対応。

輸入ドキュメント部輸入ドキュメント第1課
Y.N
獨協大学 法学部 国際関係法学科

日本から航空機で輸送される貨物の取り扱い

輸出業務部輸出1課
A.N
立命館アジア太平洋大学 アジア太平洋学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる