福井ケーブルテレビ株式会社
フクイケーブルテレビ
2023
業種
放送
インターネット関連/通信
本社
福井

私たちはこんな事業をしています

日本で1955年にスタートしたケーブルテレビ事業は、全国に拡大しそれぞれの地域に必要な情報を提供するメディアとして活動してきました。時代に合わせて提供するサービスを拡大し、多チャンネル放送、インターネットサービスなどの通信事業なども展開しています。地域のことを知り尽くした事業者だからこそできる良質なサービスで、多くの方から親しまれ愛されてきました。今後も良質なサービスの提供をめざしています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

放送や通信など時代に合わせて多様なサービスを提供する

ケーブルテレビは、それぞれの地域ごとに事業が認められています。そのため、地域にとって必要な情報を提供するなど、公的な役割を担うサービスを提供しなければいけません。ケーブルテレビの主な事業は、個々の家庭へ直接結びついたケーブルを利用して、多様なサービスを提供しすること。当初はキー局の再放送、地域の情報を伝える自主制作番組などがメインでしたが、時代に合わせて進化し、BSやCSなど多チャンネルに対応しました。インターネットの普及に伴い、優先接続しているインフラを利用した通信サービスにも事業領域を拡大。現在では電話サービスなども含め、地域の情報インフラとして重要な役割を担っています。

事業優位性

地域に張り巡らせたケーブルネットワークと最先端技術を駆使

ケーブルテレビは、地域に張り巡らせたケーブルネットワークという、社会にとって重要なインフラを有している企業です。既存のネットワーク網を活用することで、放送だけでなく通信サービスや電話サービスなど、時代のニーズに合わせて最先端の事業を展開することが可能です。放送技術から、通信技術やネットワーク構築など、地方に密着しながら最先端技術を保有することで大きなアドバンテージを持っています。今後は、急速に加速するブロードバンド時代を視野に入れ、これまで提供してきた「一本のケーブル」を通じた有線サービスだけでなく、無線を利用したサービスの展開も視野に入れ、さらなる進化をめざしています。

戦略・ビジョン

地域力の担い手地域のスペシャリストとして新たな時代をリード

急速なICT技術の進化と普及に伴い、私たちケーブルテレビ事業者も単なる「有線テレビ放送事業者」だけに止まっていることはできません。地域力の担い手として、またそれぞれの地域を知り尽くしたスペシャリストとして、さらに公共性を持った存在として、新たな時代をリードしていかねばなりません。地域に密着し、情報伝達の重要なインフラを担い、高い技術力を活用しながら新しいサービスを創出しています。重要な情報の発信源として、また情報の行き交う拠点として、の役割は重要です。常に時代の変化に対応しながら、地域の活性化と人々の快適で豊かな暮らしの実現のために、進化と改革にチャレンジし続けていきます。

会社データ

事業内容 ◯ケーブルテレビ事業
◯ケーブルインターネット事業
◯ケーブルプラス電話事業
◯けーぶるスマホ事業
設立 1983年7月
資本金 6億円
従業員数 69名(2021年03月現在)
売上高 52億8,000万円(2021年03月現在)
代表者 代表取締役社長 田崎 健治
事業所 ■本社
〒910-0857
福井県福井市豊島1-6-1 第2三谷ビル
■お客様センター
福井県福井市高木中央3-2002
■さかいケーブルテレビ(子会社)
福井県坂井市春江町江留上昭和131
沿革 1983年7月 設立
ホームページ https://www.fctv.jp
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)