ENEOS和歌山石油精製株式会社
エネオスワカヤマセキユセイセイ
2023
業種
石油・石炭
エネルギー/化学
本社
和歌山
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

ENEOS和歌山石油精製は、その名の通り、ENEOSグループの潤滑油製造の一翼を担う潤滑油の総合メーカーです。現在は約600種類以上のENEOSブランドの製品を製造・供給。日本国内はもちろん、アジア諸国への供給も行っています。今後はこれまで培ってきた技術ノウハウ、最新鋭の設備、そして新しい人財のアイデア・発想とともに、より安全で環境に優しく、豊かな社会の実現を目指していきます。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

ENEOSグループの潤滑油製造の中核を担う総合メーカー

ENEOSのグループ会社である当社は、ENEOSというブランド力、総合力を生かし、潤滑油製品の製造・供給において国内業界をリードしています。実際に当社では、約600種類以上の潤滑油を製造し、国内や海外に供給。もちろんCMなどでおなじみのENEOSオイルシリーズ「X PRIME」(エックスプライム)や「SUSTINA」(サスティナ)もすべて当社で作られています。そんな私たちの強みは、小ロット・多品種の製造供給が可能なところ。グループ内で付加価値の高い潤滑油の研究や開発を行い、当社がその製造をする、こうしたグループの総合力でお客さまのニーズに的確に応えながら、さらに付加価値をつけた製品を供給し続けます。

技術力・開発力

独自設備と豊富な技術ノウハウで担うサステナブルな未来

長きに亘って石油精製事業に携わり、その技術を磨いてきた当社。現在は自社独自の調合・充填・出荷設備を備えていることで、高いシェアを誇っています。そして今後は石油製品の需要減少や温暖化対策などの問題に対応すべく、グループ全体でより高品質な製品開発や新規事業へ積極的に事業を展開。例えば、電力小売事業や都市ガスへの参入や販売エリアの拡大、水素エネルギーのインフラの整備などをグループ全体で取り組んでいます。私たちは潤滑油製造を担う中核企業として、これまでのノウハウと高い技術、そして豊富な経験を生かし、より安全で環境に優しく、豊かな社会の実現へと貢献していきます。

会社データ

事業内容 ◆石油製品(潤滑油、溶剤、添加剤等)の製造、ETBEの輸入1次基地、燃料油の寄託
設立 1992年4月
資本金 44億2,000万円
従業員数 145名
売上高 330億円(2021年3月期実績)
代表者 代表取締役社長 佐久間 雄一郎
事業所 ◆本社
和歌山県海南市藤白758番地
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)