株式会社ケミトックスケミトックス

株式会社ケミトックス

第三者試験機関 太陽電池・リチウムイオン・プラスチック材料
業種 化学
総合電機(電気・電子機器)/自動車/鉄道/航空
本社 東京

先輩社員にインタビュー

PV・材料試験評価事業部
林田 拓也
【出身】東京理科大学大学院  理学研究科 物理学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 プラスチック材料の難燃性評価
電気機器、自動車部品、鉄道、航空機等に使用されるプラスチック材料の難燃性評価を行っています。 プラスチック材料は一般に絶縁性や加工性に優れていますが、使用状況によっては火災の原因となる可能性があるため、評価試験により難燃性が確認された材料を使用することが重要です。 また同じ材料でも用途によって要求される性能が異なるため、それに応じて適切な評価試験を行う必要があります。 多くの場合は国際的な試験規格に従って試験を行いますが、顧客の目的によっては試験方法に修正を加えたり、独自の方法を考案して評価を行う場合もあります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
研究開発における問題解決のサポート
弊社へ評価試験を依頼されるお客様には、それぞれ様々な目的があります。 製品の品質管理や、研究・開発中の材料に対する性能確認などがよくありますが、中には要求される性能がなかなか出せず本当に困っているお客様もいらっしゃいます。 そのような時、ただ単純にデータを取るだけではなく試験条件を細かく検討したり試験中の挙動をよく観察して考察を行うことで問題解決の一助となれる場合があります。 知恵を絞った仕事でお客様から感謝の言葉を頂けたときは、この仕事をしていて良かったと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き メーカー以外の選択肢、丁寧な採用
大学での専攻が就職先の選択と直接関連するような内容ではなく、特に強く希望する業界も無かったため周りの多くの学生と同じように機械メーカーや材料メーカーを回っていました。 しかし自分がメーカーで働いているイメージがあまりできなかったこともあり、それ以外で何か自分の経験を生かせるような仕事は無いだろうかと探していたところ、評価試験を行っているケミトックスを知りました。 測定やデータを扱うこと自体は好きだったため、そういう仕事もあるのかということで面接を受けてみましたが、かなり時間をかけて率直に話をすることができ、プレゼンや簡単な実技試験を含めた選考プロセスも合理的であると感じたため、このような会社であれば長く働き続けられそうだと思い入社を決めました。
 
これまでのキャリア PV・材料試験評価事業部 試験エンジニア (現職・今年で9年目)

この仕事のポイント

職種系統 コンサルタント・研究員
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

長く付き合うことになる会社を決めるわけですので、面接ではあまり飾らず率直に話をしたほうが自分に合う会社を見つけられるのではないかと思います。

株式会社ケミトックスの先輩社員

電子回路に関する基板・材料の試験評価業務

PWB/デバイス信頼性評価事業部
石井 惇紀
中央大学大学院 理工学研究科応用化学専攻

太陽電池モジュールの評価試験

PV・材料評価事業部
藤巻 天盛
東北大学 工学部 機械知能・航空工学科

第三者試験機関とし国内外に様々な規格に則った試験サービスを行っています

PV・材料試験評価事業部
坂本 勝
山梨大学大学院 医学工学総合教育部応用化学専攻

太陽光発電とリチウムイオン電池の性能・安全性・長期信頼性の評価

取締役
坂本清彦
東海大学 工学部電子工学科

エンジニア パワーデバイス、プリント配線板の信頼性評価業務

PWB/デバイス信頼性評価事業部
住田智希
北海道大学 大学院理学研究院 化学部門 物理化学研究室

高分子材料の評価試験

山形試験センター 材料評価エンジニア
田宮裕太郎
秋田大学大学院 工学資源学部 生命科学科/工学資源学研究科 生命科学専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる