株式会社ケミトックスケミトックス

株式会社ケミトックス

第三者試験機関 太陽電池・リチウムイオン・プラスチック材料
業種 その他サービス
化学/自動車/コンサルタント・専門コンサルタント/各種ビジネスサービス
本社 東京

先輩社員にインタビュー

PWB/デバイス信頼性評価事業部
住田智希
【出身】北海道大学  大学院理学研究院 化学部門 物理化学研究室 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 エンジニア パワーデバイス、プリント配線板の信頼性評価業務
電気自動車、電車、エアコン、スマートフォン、パソコン等、あらゆる電気製品に搭載されている、パワーデバイスの性能評価を担当しています。パワーデバイスは日本の半導体業界の最後の砦とも言われ、活発に研究開発が進められており、国内メーカーが海外メーカーを力強くリードし得る分野です。弊社は第三者試験機関であり、情報機密を大切にされるパワーデバイス開発従事企業のお客様から、信用を頂いた上で、パワーデバイスの性能評価を承っています。パワーデバイスは高度技術の結晶です。評価する側も、製品に対する深い理解が求められ、日々勉強が必要となります。しかし、第三者試験機関であるからこそ、日本の最先端技術を目にし触れる機会があること、また自身の仕事がパワーデバイス技術を下支えしているという実感にやりがいを覚えます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新規なパワーデバイス評価方法の開発
入社して7年目、プリント配線板評価等の業務経験を経て、パワーデバイスの分野に評価事業を新規展開しようと決めた時のことです。それまではパワーデバイスの評価設備というものは何もない状態でしたが、一エンジニアの意見を会社に起用して頂き、数千万円もの高額な評価装置を多数導入して頂きました。その後、パワーデバイスの評価事業を立ち上げましたが、業界内でなかなか知名度が上がらず、事業としては不安定な時期が続きました。地道に営業と研究を続け、2年をかけて、パワーデバイス材料の新規な性能評価方法を開発しました。これをパワーデバイス開発従事企業に展開したところ、非常に有用な方法であると受け入れて頂き、ようやく事業として軌道に乗り始めました。諦めずに考え続けること、粘り強く取り組むことが大切であると思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 面接で会長社長と親身に意見を交換し本当に人物を重視した採用選考である
私の選考が物理化学で、特殊化した分野ではなかったこともあり、「どうしてもこの仕事がやりたい!」という希望はありませんでした。ただ漠然と「最先端の技術に触れていたい」という思いがありました。材料メーカーの研究・開発職を中心に就職活動を行っていましたが、その中で、材料の性能評価を行っているという現在の会社に巡り合いました。常に社会の変遷に呼応して、新しい評価技術を取り入れ続けているという点に興味を持ちました。その後の選考では、通り一遍の面談ではなく、学生時代の研究テーマや、日々の生活・人生設計について、時間をかけて率直な意見交換を行ったことが記憶に残っており、人格を重視した採用選考であると思いました。人格を重視頂いた上で採用頂けるなら、長くお世話になれると思い、入社を決めました。
 
これまでのキャリア 環境分析事業部エンジニア(1年)→材料燃焼性評価事業部エンジニア(2年)→プリント配線板(PWB)信頼性評価事業部エンジニア(3年)→PWB/デバイス信頼性評価事業部マネージャー(現職:今年で3年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分がやりたい仕事や条件の良い職場に就くのは大切です。しかしどんな規模の会社のどんな仕事や職場であっても、100%自分の要求にマッチする条件はあり得ないと思います。就職は一方通行ではなく、自身と会社との相互関係の構築です。良い関係を構築でき、長く勤められる会社に入社するのが良いと思います。例え学生時代に培ったスキル、知識が直接活かせない分野であれ、その分野でもう一度エキスパートとなれば、必ずその先で自分の経験を活かした仕事ができると思います

株式会社ケミトックスの先輩社員

電子回路に関する基板・材料の試験評価業務

PWB/デバイス信頼性評価事業部
石井 惇紀
中央大学大学院 理工学研究科応用化学専攻

太陽電池モジュールの評価試験

PV・材料評価事業部
藤巻 天盛
東北大学 工学部 機械知能・航空工学科

プラスチック材料の難燃性評価

PV・材料試験評価事業部
林田 拓也
東京理科大学大学院 理学研究科 物理学専攻

第三者試験機関とし国内外に様々な規格に則った試験サービスを行っています

PV・材料試験評価事業部
坂本 勝
山梨大学大学院 医学工学総合教育部応用化学専攻

太陽光発電とリチウムイオン電池の性能・安全性・長期信頼性の評価

取締役
坂本清彦
東海大学 工学部電子工学科

高分子材料の評価試験

山形試験センター 材料評価エンジニア
田宮裕太郎
秋田大学大学院 工学資源学部 生命科学科/工学資源学研究科 生命科学専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる