株式会社ヒサダヒサダ

株式会社ヒサダ

自動車部品メーカー/研究開発/金型設計製作/設備開発設計/製造
業種 自動車
輸送機器/機械/金属製品
本社 愛知

先輩社員にインタビュー

本社 NVC研究所
福本優治(27歳)
【出身】愛知工科大学  工学部 ロボットシステム学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 一番最初にスタートする仕事です。
私が働いている部署は、本社のNVC研究所です。NVCとは「New Century Creation」の略で“次世代のものづくりの探求”“新たな工法、製品の開発”をするために設立された社内の開発機構です。そこでの私の役割は、製品を形にする金型のデータ起こし。お客様と打ち合わせを行い、ご要望や検討事項を踏まえ、製品のデータを起こしていきます。金型が作られてからも、テストを繰り返し、最終製品になっていくまでの過程に関わり、完成するまでを見届けていきます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
最後の工程まで携われます。
最初から最後までを見届けますので、出来上がったものを見たときには感動を覚えます。仕事の全体像を見渡せることもヤリガイのひとつです。私は入社1年目の途中で出向して設計の仕事に携わりましたが、その時はドアフレームの部品の一部の設計を担当し、その設計したものをヒサダで製品にしてもらったことがありました。設計以降の工程はヒサダにおいて把握している部分が多かったので、とてもスムーズに事が運び、記憶に残る仕事ができました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 学んだ知識や技術を活かせる環境でした。
大学ではロボット関係を学び、設計ツール(CATIA)なども使用していました。その時に学んだ知識や技術を活かせる環境があったことが、ヒサダを選んだ一番大きなポイントでした。また、この三河地区では比較的有名で、先輩も多く在籍していたことも理由のひとつです。
 
これまでのキャリア 入社後、本社にあるNVC研究所に配属→1年弱で出向し設計の仕事に携わる→2021年1月に本社・NVC研究所に戻り現在に至る

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

面接などでは、その会社に入って何をやりたいのかという意思を明確に伝えることが大切だと思います。そのためには、自分自身の意思をしっかりと整理しておきましょう。

株式会社ヒサダの先輩社員

事前準備のため、チェック&トライを繰り返します。

泉工場 技術課
T.K
中部大学 工学部 機械工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる