東洋合成工業株式会社トウヨウゴウセイコウギョウ

東洋合成工業株式会社

ジャスダック上場、メーカー、化学、素材
  • 株式公開
業種 化学
半導体・電子部品・その他/医薬品/食品
本社 東京

先輩社員にインタビュー

市川生産1課
川島 慶介(32歳)
【出身】山口東京理科大学大学院  基礎工学部 基礎工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 半導体製造時に用いる機能性溶剤の製造
電子機器の小型化に伴い、半導体も小型化が求められています。小型化にするためには、それに使用する溶剤が高純度・低水分かつ不純物及び金属イオンの低減が求められます。そのため、ただマニュアル通りの製造するだけでなく、自ら分析をして考えながら生産を行えるところが楽しい点です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
残留金属に苦労していたところ、金属イオンを5ppb以下にできたこと
蒸留塔内に前に製造した溶剤(前荷)が残ってしまうと不純物として出てしまうため、水洗工程(蒸留塔内を洗浄すること)をする。当社では金属イオンと前荷(前に製造した溶剤)の品質管理を徹底しており、厳しい規格のものではともに5 ppb以下が要求される。入社7か月目に水洗工程を任され、水洗工程4回目にして金属と前荷が5ppb以下にすることができたことです。しっかりと洗浄したつもりでも、バルブの部分で溶剤が付着していたり洗い残した配管があるため、一つ一つ確認することの重要性を学びました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 川上の企業であり、環境保全にも貢献できるから
大学では触媒の研究をしており、環境に配慮した企業に入りたいという願望がありました。現代では化石燃料に頼り切っている面があったため、溶剤のリサイクルを行っている当社に魅力を感じました。ただリサイクルするだけでなく、付加価値をつけてお客様に提供するところが選ぶ点が決め手となりました。
 
これまでのキャリア 製造

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動の短期化により、卒業研究と両立していくことがより難しくなっていきます。説明会に出ることも大事ですが、まずは自分が将来どうなりたいのか見つめ直すことが大事だと思います。見つからない人は合同説明会をうまく利用してあらゆる業界について調べてみるのも手だと思います。妥協せずに納得のいく会社選びをしてください。

東洋合成工業株式会社の先輩社員

UVナノインプリント用樹脂の研究開発

ナノテク研究グループ
赤崎 泰吾
北海道大学 生命科学院 生命融合科学コース

電池電解液の研究開発

先進技術研究グループ
酒見 大輔
北九州市立大学 国際環境工学研究科 環境システム専攻

半導体形成用、液晶形成用の感光性材料の分析・品質管理

淡路品質管理課
山本 有咲
高知工業高等専門学校 物質工学科

生産計画の作成と、不具合発生時の問題解決を担当してます

千葉製造部
川島 理輝
東洋大学 法学部 法律学科

ケミカルタンクターミナルの管理 液体化学品の船舶受入の調整

物流営業課
佐々木 健斗
群馬大学大学院 応用化学・生物化学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる