東洋合成工業株式会社トウヨウゴウセイコウギョウ

東洋合成工業株式会社

ジャスダック上場、メーカー、化学、素材
  • 株式公開
業種 化学
半導体・電子部品・その他/医薬品/食品
本社 東京

先輩社員にインタビュー

先進技術研究グループ
酒見 大輔(32歳)
【出身】北九州市立大学  国際環境工学研究科 環境システム専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 電池電解液の研究開発
リチウムイオン電池、キャパシタ、その他革新型電池の電解液開発を行っています。イオン液体を用いた研究が多く、次世代エネルギーと期待されている、高性能かつ安全な電池の開発に寄与すべく日々実験を重ねています。自分が担当した製品が、世界を変えるかもしれない!?と思うと、大変な研究もワクワクしてきます!
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
主担当で開発した製品を「すぐにでも欲しい!」と言って頂いた事です
入社して1年半ほど経った頃、初めて主担当で開発した電解液を御客様にプレゼンしました。緊張しましたが、大変興味を持って頂くことができました。学生時代とは違う、お客様のいる研究開発の喜びを初めて味わった瞬間でした。イオン液体に携わり始めて日が浅く、まだまだ勉強不足でしたので狙った性能を示すための分子設計に苦労しました。しかし先輩社員、同期に新しい構造を思いつく度に相談にのってもらい、関連文献の紹介など積極的に協力して頂いたおかげでお客様への提案まで漕ぎ着けられました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 研究職でもお客様との対話が多い印象だったため
デバイスを絞って開発するより部材、材料の開発をすることで幅広くデバイスに影響を与えたいと思い、材料研究ができる会社を中心に会社を選んでいました。その中でも当社は、研究者であっても製造現場と深く連携し、またお客様を訪問し直にニーズを聞き取れる印象を受けました。研究所に籠る刺激のない研究生活より、様々な刺激を受けながら研究開発を行いたいと思い、当社を選びました。
 
これまでのキャリア 研究開発

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 多少のリスクにも果敢にチャレンジする精神が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

研究職を選ぶ方は、とにかく大学での研究に一生懸命打ち込めば、面接でも自信を持って説明できると思います。不安なことや疑問に思ったことは、先生や先輩、人事の担当者に聞いて解決するといいと思います。自分自身で悩んでいても、答えは出てきません。自分が企業を選ぶんだという強い気持ちで、頑張ってください。

東洋合成工業株式会社の先輩社員

UVナノインプリント用樹脂の研究開発

ナノテク研究グループ
赤崎 泰吾
北海道大学 生命科学院 生命融合科学コース

半導体形成用、液晶形成用の感光性材料の分析・品質管理

淡路品質管理課
山本 有咲
高知工業高等専門学校 物質工学科

半導体製造時に用いる機能性溶剤の製造

市川生産1課
川島 慶介
山口東京理科大学大学院 基礎工学部 基礎工学科

生産計画の作成と、不具合発生時の問題解決を担当してます

千葉製造部
川島 理輝
東洋大学 法学部 法律学科

ケミカルタンクターミナルの管理 液体化学品の船舶受入の調整

物流営業課
佐々木 健斗
群馬大学大学院 応用化学・生物化学専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる