株式会社田村設計
タムラセッケイ
2023

株式会社田村設計

建築設計/建築/設計/意匠設計/インテリアデザイン
業種
機械設計
建設/建設コンサルタント/住宅
本社
愛知、東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

■熱くモノづくりをする集団として、人々の幸せとお客様の事業繁栄に貢献しています。■
住宅・病院から商業施設まで様々なジャンルを手がける建築設計会社です。特に、高い意匠性と機能性が求められる商業施設においては業界トップクラスの実績を誇ります。当社の作品は、日本建築学会編集の『資料集成』に掲載される他、業界雑誌等でも多数取り上げられており、そのクオリティの高さが多方面で評価されています。

当社の魅力はここ!!

企業理念

設計を通じて社員の幸福と社会に貢献する企業を目指します。

名古屋本社・東京事務所を拠点に日本全国で商業建築の意匠設計・インテリアデザインをしている会社です。当社には「独自の技術で人々の喜びを設計する」という理念があります。一般に設計会社の役割とは、「建物を建てるために、図面を描く」ことです。しかし、当社は「建物」を通じ、「人はどうしたら幸せになるのか」「企業をどうしたら繁栄させることができるのか」を考え実行する。つまり、良い建築作品の創造を通じて人々の喜びを創造するという考えです。社員、現場の作業スタッフ、そしてお客様。皆と「建物を創る感動」を共有しあうことを大切にしています。お互いに意気に感じて熱くモノづくりをするのが、当社のスタイルです。

仕事内容

自由度の高い設計・デザイン。熱くモノづくりをする集団の一員に

当社には、設計部門とインテリアデザイン部門があります。完成まで自分の設計・デザインが出来上がっていく過程を見ることができます。商業施設を多く扱う当社のデザインの自由度の高さは、限りなく大きな魅力と言えるでしょう。数十億円規模の案件を手がける機会もあり、達成感の大きさも桁違いです。美しさや品格が求められる大きな建築を細部にわたりデザインできるのも、当社の特徴のひとつです。当社の仲間に求めるもの。それは、建築に掛ける情熱・一生懸命さだけです。才能は無くても構いません。情熱があれば、人を感動させる建築家・インテリアデザイナーになれます。我々は、社員一人ひとりを一人前に育てることを使命と考えています。

仕事内容

「成長・夢の実現」。タムラが掲げる永遠のテーマ

社員一人ひとりを、責任を持って一人前に育て上げ、夢の実現を応援する。それが、田村設計の不変のテーマです。若いうちから仕事を任せるのが当社の教育方針。担当者が現場へも足を運びお客様や職人さんと意見を交えます。3年も経過すれば大規模な案件を担当できるようになります。短期間で濃密な経験を積むことで成長も早いです。任せますが、代表をはじめ経験豊富な先輩社員が見守り、何かあればすぐにフォローをします。思う存分に挑戦できる環境です。学びの機会も積極的に支援します。建築に限らず、多くのものを見て・聞いて・感じられる環境で、「若いうちに様々な経験を積むことが大事」と代表は言います。

会社データ

事業内容 建築設計・監理
◎幅広いジャンルの設計を手掛けています。中でも、商業施設の設計においては、業界トップクラスのシェアと実績を誇っています。

【お客様の「パートナー」として未来をつくる】
年間に手掛ける件数は、多い年だと約50件。その多くが設計・デザインを行うだけではありません。お客様の「パートナー」として、事業のコンセプトや生涯設計をお客様と共に考えます。「企業の繁栄」や「家庭の幸せ」を預かる立場を自任し、1つ1つの案件に向き合い、情熱を込めて仕事をしています。
設立 1991年1月1日
資本金 2400万円
従業員数 24名(男13名、女11名)
売上高 8億円(2015年12月実績)
代表者 代表取締役 田村和雄
代表取締役 田村尚志
平均年齢 36歳
沿線 1977年 田村設計事務所開設
1991年 田村設計法人化
1993年 東京 東上野に東京支所設立
1995年 イタリアミラノにデザインルームを開設(2年間) 
2000年 建築学会で当社の設計した商業施設が『資料集成』に採用される
2005年 イタリアの巨匠:セルジオ・カラトローニ事務所と業務提携
2015年 当社設計の「ニューグランド呉」が呉市都市景観賞受賞
message01 <何を実現するか>
会社に入って何ができ、何が実現できるのか。それが、会社選びのキーポイントとなるのではないでしょうか。当社では、成長を支援する体制が整っています。一年目・二年目・三年目のステップアップの仕組みは万全であり、三年あれば一人前になれます。その他、会社経営を学ぶ機会の提供や、独立希望者には独立の支援を行うなど、一人ひとりの夢の実現を全力でサポートします。夢へ対する情熱・熱き想いを、正面でしっかり受け止めます。
message02 <年齢や性別も関係ありません>
特にインテリア部門は、女性だけで構成された、女性が主軸となり活躍している部門です。ネット環境が発達した今日、育児休暇中でも家にパソコンがあれば仕事ができます。「建築家として力をつけたい」という想いに、とことん応える会社でありたいと思っています。
message03 <建築・建築設計への情熱がある方を、一人前の建築家に育てます。>
私たちが求めるのは、建築や建築設計にかける情熱や一生懸命さです。情熱があれば、人を感動させられる建築家になることができます。「建築の道を究めたい」「建築設計で社会に貢献したい」「理想の建築家になりたい」など何でも構いません。そんな想いに、とことん応えます。私たちは、スタッフ一人ひとりを“一人前の建築家”に育てることを使命だと考えています。
message04 <熱狂的な状況をつくる。~「個人の成長・夢の実現」のために>
“熱狂的な状況をつくる”とはどういうことか。例えば、お茶汲み一つにしても、妥協せず一生懸命に行うこと。掃除を行う際にも、本気になって取り組むこと。そうした行動が、人を魅力的にし、幸せにする。運気も上がる。仕事を楽しめるようになる。私たちはそう考えています。

夢やビジョンを持つことも大事です。夢やビジョンを持たないと、人はなかなか熱狂的になれないでしょう。夢やビジョンに向かって、がむしゃらに=熱狂的に取り組む。その姿勢・行動は必ずや人を成長させ、夢を実現させるに違いありません。
message05 <イタリアのデザインを学べる環境>
2005年より、建築界で数々の実績を残すイタリアの巨匠・セルジオ・カラトーニ氏との業務提携を開始しました。イタリアならではの感性を活かした日本にはない視点でつくられるデザインは、社内の設計士・インテリアデザイナーにも影響を与えています。チャンスを活かし、新しい視点を身につけることができます。
message06 <初任給の見直しを行いました。>
より良いデザインを生み出すには「若いうちに様々な経験を積むことが大事」と代表のタムラは言います。建築物に限らず多くのものを見て・聞いて・感じてほしい。

初任給を見直し、高めに設定した理由は、若いうちに、週末や余暇を利用して様々な建築やインテリアデザインを見学して周ったり、自分の見識を広める為に使って欲しいという当社の想いからです。
message07 <健康的で充実した毎日を送ってほしいという想いを込めて>
建築設計・インテリアデザインの会社と聞くと「夜遅くまで働くんじゃないか?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、当社では社員の健康を考え、また長く働いてもらうためにも、早めの帰宅を推奨しています。

退社時間の目安は「20:00」。早く帰宅できることはもちろん、目安時間を意識することで、集中して仕事をする能力・時間を管理する能力なども同時に養われます。また、入社後2週間~1ヶ月の研修期間は、新しい環境に順応していく期間として配慮し、18:00には帰宅していただきます。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)