日東メディック株式会社ニットウメディック
業種 医薬品
商社(医薬品)
本社 富山
インターンシップ・1day仕事体験の評価100件~110件
  • 総合評価
  • 4.65 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 事業内容の理解 4.76

特集記事とは、この企業が掲載された特集テーマに沿って、注目されている理由や魅力をリクナビが独自に取材した情報です。

特集テーマ:薬学部出身社員の働き方特集

自分の倍以上の仕事をやりきって、定時には帰る先輩たちの凄さ

目の前の先輩たちを見て目を丸くする山内。まるでプロ野球選手がグローブやバットを自在に操るように、実験器具を扱う先輩たち。ホールピペットからは、決められた量だけを絞り出す。圧倒的な正確さ。素早さ。無駄のなさ。「学生の頃の何倍も短い時間で、高い成果を求められている」と、仕事の厳しさを痛感したと言います。

短い時間でやろうにも実験器具の使い方や、報告書の書き方など、基本的なところでつまずく日々。1日10時間以上、研究室にこもって考察を加えたり、チームで議論したりしていた学生時代の「辛抱強く考える力」が、なかなか生きてきません。自分の倍以上仕事があるはずの先輩たちは定時には次々に退社していきます。

そう年齢の離れない彼らが、自分以上の質や量の仕事を任されて、自分よりも早く帰り支度を始めている。新たなことを覚え、成長していく喜びを感じる一方で、先輩たちと自分の仕事ぶりの差に、落ち込むこともあったようです。「でも、この差こそが一流の開発者との差」だと言う山内。不器用なりに努力を重ね、知識を増やし、確実に一歩ずつ成長しています。

◆自分なりに考える習慣をつける

当社は創業30年の会社です。しかし業界では創業100年を超える会社も珍しくありません。培ってきたノウハウの差を埋めるためには、開発者一人ひとりの力を底上げする必要がある。そう考えた私たちに自然と生まれたのが【簡単に答えを教えない文化】です。

新入社員であっても質問を100%の答えで返しません。考える材料や視点は手に入るけど、答えは自分で導かなければいけない。しかも、短い時間で。一見、厳しい教育制度に見えますが、これが開発という仕事です。考える力が上がれば、答えに到達するプロセスの中で、何に時間をかけるべきかが見えてきます。

学生時代は探究心の赴くまま、様々な実験に時間をかけてもいいかもしれませんが、それでは競争力が担保できない。短い時間で、高い価値が生み出せる開発者にならなければいけないのです。「的外れだと言われても、とにかく自分の考えをぶつけていきたい」と語る山内。研究室の先生にしつこく相談を持ちかけ、スキルを上げていたあの頃のように、今、彼は一生懸命、がんばっています。

目の前の患者さんだけじゃなくて、製品を通じて、より多くの人のためになる仕事を選んだ。

やさしい表情の裏にあふれた向上心。山内の成長に目を細める先輩も多い。

持病をいくつか持っていたので、幼い頃から薬局が身近な存在でした。小学生くらいから薬剤師は目指していました。でも大学に入っていろんなことを勉強していく中で、目の前の人だけじゃなくて、もっとたくさんの人に、自分の力を生かすことができないかと考えたんです。網膜の細胞を研究していたこともあって、点眼剤を扱っているメーカーを探していたら当社に出会いました。

学生時代は処方設計までだったので、その後、点眼剤が出来上がるまでの工程に関われることには心踊りました。社員さんはやさしいだけじゃなくて、開発者としての厳しさも教えてくれて。後発メーカーの生き残り方、かける想いが自分にはとてもカッコいいモノに見えたんです。今はまだ分析法の確立、その一部にしか関われていないですが、ここからどんどんできることを増やして、いつか先輩たちを追い抜きたいと思っています。

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる