伊藤忠商事株式会社
イトウチュウショウジ
2023
  • 株式公開
業種
商社(総合)
本社
東京、大阪
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内、輸出入および三国間取引を行うほか、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開しております。

当社の魅力はここ!!

企業理念

「豊かさを担う責任」

伊藤忠商事のコーポレートメッセージ「ひとりの商人、無数の使命」。これは、企業理念「豊かさを担う責任」に込めた意図をわかりやすく示す言葉です。ひとりの商人がいる。そしてそこには、数限りない使命がある。伊藤忠商事の仕事場は、この地球上全てです。国を超えて暮らしと関わり、新たな生活文化を創り、力強く商っています。その時忘れてはならぬことは「その商いは、未来を祝福しているのか?」ということです。私達は、この世に生きる全ての人の明日に貢献する企業として「豊かさを担う責任」を果たしていきたい。商うことの先に広がる、生きることの豊かさこそが、本当の利益だと信じているから。

会社データ

事業内容 世界63ヶ国に約120の拠点を持つ大手総合商社として、繊維、機械、金属、エネルギー、化学品、食料、住生活、情報、金融の各分野において、国内輸出入及び三国間取引、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開しています。
創業 1858年
設立 昭和24(1949)年12月1日
資本金 2,534億4800万円
代表者 代表取締役会長CEO 岡藤正広
従業員数 4,342名(2018年7月1日現在)
経営方針  伊藤忠商事は、近江商人であった伊藤忠兵衛が、1858年に麻布の行商で創業をしたのが原点であり、以降150年を超える歴史の中で、総合商社としての発展を遂げてきました。そして、その歴史を支えてきたのが『三方よし』、すなわち「売り手よし、買い手よし、世間よし」の精神に基づく経営です。
 中期経営計画Brand-new Deal 2017では、基本方針に「財務体質強化」と「4,000億円に向けた収益基盤構築」を掲げました。本方針に基づきCITIC/CPグループとの戦略的業務提携を軸として中国・アジアでの事業基盤・領域の拡大と非資源分野の更なる増強を図ると共に、積極的な資産入替による資産の質・効率性の更なる向上とキャッシュフロー経営の強化等による財務体質の強化を推進していく予定です。
事業所 約120店(世界63ヶ国)(2018年4月1日現在)
売上高 14兆6,457億円(2014年3月期 連結)※国際会計基準
【新型コロナウイルス感染症への対応】 3月のセミナーは元々対面形式を予定しておりましたが、
学生の皆さんの健康管理・安全を第一に考え、Webセミナー形式に変更しました。
詳細は弊社採用HPからプレエントリーいただき、マイページ上でご確認ください。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)