日野出株式会社ヒノデ

日野出株式会社

包装資材・家庭紙・商社・BtoB
業種 商社(総合)
商社(紙)/商社(化学製品)
本社 福岡
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

宮崎店
高田 晟暢(28歳)
【出身】日本文理大学  経営経済学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 スーパーや食品工場などへ食品を包装・梱包する商品の営業を行っています。
スーパーマーケットや食品加工場へ食品を包装しているトレーやラップ、袋の提案営業を行っています。今度スーパーへ行かれた際は容器にも注目してみて下さい。それぞれのバイヤーが食品をより輝かせるために、こだわって選ばれた容器が陳列されています。資材以外にも機械や衛生商品など食品に関わる業務のトータル提案ができます。取り扱う商品の幅が広いですが各支店に親身になって下さる先輩がいるのでやる気と意欲があれば大丈夫です。食料品、生鮮食品と近い職業である為、取り扱っている商品の安心安全は、もちろん自身の営業も服装や話し方などお客様へ安心感を与えるよう心掛けています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
提案を行った資材が商品化され売り場に陳列されているとき。
食品が真空された袋のデザインの提案なども行います。九州は食材の宝庫なので数多くの農産物、畜産物、水産物の生産者、加工食品の製造者がいらっしゃいます。それらの食材を商品化するための袋とデザインを採用していただき実際に商品が売り場に陳列されているところを見ると誇らしい気持ちになり、やりがいを感じました。九州のサービスエリアや空港で自分の提案した商品を発見すると生産者や製造者同様に嬉しかったです。それをお客様にお話をすると話も盛り上がりよりお客様と親密な関係を築くことができました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 世の中に必要とされている商品を取り扱っています。
私が日野出株式会社に入社を決めた理由は取扱いしている商品が世の中に多く流通している必要性です。正直内定を頂くまではスーパーのトレーや包装されている袋など気にかけてみることはありませんでした。内定をきっかけに視点が変わり、トレーや袋に興味を持ちました。スーパーの生鮮売り場にトレーがない店舗はありません。それだけ私たちが取り扱っている商品は必要とされ価値がある仕事だと感じたからです。
 
これまでのキャリア 鹿児島店営業(4年)→宮崎店営業(現職:1年目)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私が面接で気をつけていたことは自分の考えや経験を自分の言葉で伝えることです。特に集団面接では周りの応答に焦ってしまいがちです。私もそうでした。しかしこれまで自分がやってきた事や学んだことは変わりません。自信を持って自分の言葉で思いを伝えましょう。

日野出株式会社の先輩社員

お得意様に向けて、紙製品の提案型営業を行っています!

鹿児島店
高橋 克明
久留米大学 経済学部 文化経済学科

トレーや衛生資材などの提供でお客様の商業活動をバックアップする仕事

広島店 店長
酒井 恒太
九州産業大学 商学部 商学科

お客様へのデータ通信やシステム開発を行っています。

システム部
馬場駿一朗
久留米大学 商学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる