深田工業株式会社
フカダコウギョウ
2023
業種
機械
プラント・エンジニアリング/安全・セキュリティ産業/設備・設備工事関連/化学
本社
愛知

私たちはこんな事業をしています

・危険物施設の総合防災メーカーとして、研究開発から設計、施工、保守管理まで一貫して対応しています。
・取引先は官公庁をはじめ、電力、ガス、石油などインフラを支える大手企業、大手自動車メーカーなどです。
・これまでの実績を評価いただき、国内だけでなく海外でも当社の防災設備技術が指名されています。
・防災意識が高まる中、当社のノウハウが、企業の財産や人命を守ることにつながっています。

当社の魅力はここ!!

事業・商品の特徴

創業約100年の防災技術者集団です。

私たちは、プラント防災の総合設備メーカーです。万一の事故や災害があれば、大損害や人命の危機すら起こりかねない施設全体の防火・防災システムを手掛けています。取引先は官公庁、国内外問わず大企業など。世界中で稼働する最先端のプラント施設を災害から守るため、私たちは早くからこの防災技術に取り組み、日本でのパイオニア企業となりました。以降、化学防災への本格的な取り組みをはじめ、多彩な技術開発を展開し、着実な進展を遂げてきました。現在では消防車搭載のノズル、泡沫発生剤は全国トップクラスシェアの実績です。

事業優位性

次世代の防災技術開発に挑みます。

大震災以降、国や企業の防災意識はさらに高まり、近年は産業プラントの大型化、設備機器の複雑化に伴い、防災技術の進化が世の中から求められています。これまでも、当時発想もしなかった「電気設備を水で防護する」というトランス水噴霧設備や泡を立体空間に使うなど、柔軟な発想で新技術を展開してきました。また、大学や消防庁消防大学校などの産学官と共同研究したり、世界有数の防災企業と強力に連携したりするなど、社外技術とのシナジーも図ってきました。もちろん、今後も現在の技術に甘んじることはありません。最近では小牧工場に大規模実験棟を設立。生産技術の進化に遅れることなく、防災技術を磨き続けています。

仕事内容

集まれ、次の時代を担う技術者たち!

「仕事では、消防設備に関する知識だけではなく、消防法など様々な法律知識も要求されます。これら幅広い知識を学んでいかなければいけないので大変ですが、仕事のスケールが大きく、自分が成長したと実感する機会が多い点にやりがいを感じます」と語るのは設計の重山(入社5年目)。そのため会社でも研修会など学ぶ機会を数多く提供しています。また、様々なアイデアを会社ぐるみで取り組める環境。日本が誇るモノづくり産業。私たちは一人ひとりが主体的に取り組み、現場の安全性も世界品質という高水準を誇れるよう、その発展のために縁の下から支えているという自負をもって仕事をしています。

会社データ

事業内容 ◆消火装置および各種保安装置の設計、製作、施工
◆各種消火剤の製造、販売
◆消防用その他の各種保安用機器の製造、販売
◆水・油・水蒸気などの配管設備の設計、施工
◆保守・点検
◆その他、各種機械、器具類の販売
設立 昭和17年12月5日 創業:大正12年
資本金 9734万4000円
従業員数 150名
売上高 50億円(2020年12月)
代表者 代表取締役 深田 史朗
事業所 ◆本社
 〒462-0809 名古屋市北区上飯田西町3丁目5番地
 TEL:(052)981-7591
◆東京支社
 〒108-0073 東京都港区三田3丁目1番5号
 TEL:(03)3452-2301
◆建築設備部
 〒108-0073 東京都港区三田3丁目1番5号
 TEL:(03)3453-9211
◆中部支社
 〒462-0809 名古屋市北区上飯田西町3丁目5番地
 TEL:(052)915-1100
◆関西営業所
 〒542-0081 大阪市中央区南船場3丁目2番22号(おおきに南船場ビル)
 TEL:(06)6245-6000
◆九州営業所
 〒810-0011 福岡市中央区高砂1丁目2番4号(C-SABLE 3階)
 TEL:(092)534-1658
◆大分出張所
 〒870-0105 大分市西鶴崎2丁目4番8号
 TEL:(0975)23-4101
◆岡崎事務所
 〒444-0801 愛知県岡崎市美合新町19-4(カサ・トゥルネ1D号)
 TEL:(0564)55-5240
◆小牧工場
 〒485-0077 愛知県小牧市大字西之島字北屋敷869番地の1
 TEL:(0568)73-4181
沿革 大正12年 創業者深田盛次によって深田商店として設立。
       消火器、その他の消防用品の製造・販売を行う。
昭和17年 株式会社組織に改め、名古屋に工場を建設。
       消火器、消防ポンプの製造・販売を行う。
昭和19年 東京、奉天に工場を建設。
昭和20年 名古屋工場を再建。名古屋、東京にて営業を再開。
昭和23年 N・F・P・A(アメリカ防火協力会)、N・S・Cの会員となる。
昭和31年 大阪出張所(営業所)を開設。
昭和32年 工事部門を設立。
       福岡出張所(営業所)を開設。
昭和35年 建設業者として建設大臣登録を受ける。

昭和40年 大宮研究所を開設。
昭和48年 沖縄出張所を開設。
       スウェーデン・スベンスカスクム社、
       西ドイツ・トータルフォスナー社と技術援助契約を締結。
昭和49年 アメリカ・キデイ社と共同出資で深田キデイ株式会社を設立。
       建設業法の改正に伴い建設大臣許可取得。
昭和51年 小牧工場を開設。
昭和56年 四日市出張所を開設。
昭和62年 アメリカ・グリンネル社と業務提携を結ぶ。
昭和63年 アメリカ・ニュージャージー洲に深田工業40%出資の
       FKCインターナショナル社を設立。
平成3年  大分出張所を開設。
平成11年 岡崎事務所を開設。
平成24年 小牧工場新実験棟竣工。
関連会社 深田キデイ株式会社/〒108-0073 東京都港区三田3丁目1番5号(第一奈半利川ビル)
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)