株式会社木下の保育キノシタノホイク

株式会社木下の保育

木下の保育園 【木下グループ】
業種 教育関連
福祉・介護
本社 東京

先輩社員にインタビュー

木下の保育園 本牧
田口 朱子(23歳)
【出身】鎌倉女子大  初等教育学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 とにかく子どもがかわいい!!
現在、0歳児クラスを担当しています。
6人の子どもたちと毎日楽しく過ごしています。
入園したばかりの頃は、ハイハイや仰向けで遊んでいた子どもたちが、たくさん歩いたり走ったりしているのを見て、日々成長を感じます。
言葉も増えてきて、“わんわん”や“にゃんにゃん”を探したり、いろいろなことに気づいて伝えたりする子どもたちと言葉のやり取りができるようになり嬉しいし、楽しいです!
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
保育士をやっていてよかった♪
私は他のクラスの子どもたちとのコミュニケーションを大切にしています。
そのおかげか、名前をすぐに覚えてもらえました。
挨拶はもちろん、すれ違う時に話したり異年齢保育時や他クラスに入った時に一緒に遊んだりして関わりを深めると、ふとした時にたくさんの子どもたちに「田口先生が大好き!」と言ってもらうことができました。
担当クラスの子どもたちも含め多くの子どもたちと接することができ、
やりがいを感じ、とても嬉しかったです!
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 子どもが好きな遊びを自由にできる☆
私が所属する園では、コーナー保育を行っています。
ままごとコーナーや絵本コーナー、サイエンスコーナーやアートコーナーなどなど、子ども一人一人の興味に合わせたたくさんの遊びや学びをすることができます。
友達と一緒に遊んだり、一人でじっくり学んでみたりと様々な遊び方を子どもたちはしています。
異年齢保育では、年下の子どもが年上のお兄さんお姉さんに遊び方を教わったり、年上の子どもが年下の子どもに合わせて遊んだりしています。子どもたち一人一人の興味・関心を大切に、遊びや学びを深められるところが自慢です!!
 
これまでのキャリア 保育士

この仕事のポイント

仕事の中身 人の成長やスキルアップ、キャリアアップをサポートする仕事
仕事でかかわる人 子供と接する機会が多い仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分がどんな保育士になりたいか考えるのはもちろんのこと、実際に園見学をし自分が働くイメージができるかどうか確認してくるといいと思います!

株式会社木下の保育の先輩社員

1人ひとりに寄り添った保育

田中 一希
田園調布学園大学 子ども未来学科

子どもと一緒に!

木下の保育 山下町
遊佐 彩夏
東北生活文化大学短期大学部 生活文化学科・子ども生活専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる