芝園開発株式会社シバゾノカイハツ
業種 コンサルタント・専門コンサルタント
安全・セキュリティ産業/建築設計/その他サービス/不動産
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

公共サービスサポート事業部 オペレーショングループ スーパーバイザーチーム
木村 賢太郎(35歳)
【出身】東京都市大学(旧 武蔵工業大学)  環境情報学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 自治体とのパイプ役になる企画営業。
国や自治体がサービスの提供を受けたり工事の発注をすることを「官公需」と言います。当社で言うと、自治体の自転車対策に関する発注を当社が受けることですね。私の仕事は、そんな自治体への企画営業としての新規提案や、現在受諾している案件を継続するための営業活動。新規案件に取り組みつつ、現場の担当者とコミュニケーションを図り、受諾後の継続的なフォローも行います。今はまだ先輩や上司に助けて頂きながらですが、プレゼンの事前準備や提案書の作成、現場の進捗管理など…仕事の幅は広いですよ。
私たちの業務は基本的にチームで行うのですが、ひとつのプロジェクトが始まってから終わるまで、非常に長い時間がかかるんです。様々な紆余曲折がある分、案件を完遂できた際には、皆で大きな達成感を分かち合えますよ。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新たな目標が生まれたプレゼン。
自治体とのお仕事で、先方へプレゼンを行う機会がありました。長期間、多くの方が携わってきたプロジェクトだったので、プレッシャーを感じていたのかもしれません。普段あまり緊張しない性格なんですが、珍しく緊張してしまいました。そのせいか、自分の担当していたパートで、大事な部分の発表を飛ばしてしまったんです。結果、無事に受諾できたから良かったものの、そうでなければ大変悔やまれるエピソードになっていたでしょう。
そのプレゼンは、自分では沢山練習したと思っていましたが、まだまだ練習が足りないと実感しました。私の今のプレゼンは、まだ「文章を読んでいる」レベルだと感じています。そのため目標は、上司のような「自分の言葉で喋る」プレゼンをすることです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 会社の真摯さと、企業としての考え方。
漠然とですが、「目に見えて社会に貢献できる仕事」をしたいと考えていました。自分の働きによって、色々な方が助かったり喜んだりしてもらえる仕事が良いな…と。そして、そんな私の観点を具体的に重ね合わせられる会社が、芝園開発だったんです。「社会的企業として地域社会に貢献すること」という考え方が会社全体の芯となっている印象でした。
それに加え、会社の採用活動が非常に真摯で、一生懸命なのが伝わってきたんです。採用に至る過程でも、様々な角度で自分を見てくれた上での内定で、その真っ直ぐな姿勢がとても嬉しかったです。また、家庭を持つ身としても、安心して働けると感じました。皆が就業時間内に無駄なく集中しているところも好きなところの一つです。
 
これまでのキャリア 官公需課(半年)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 役員/部長クラスの方とビジネスする仕事
仕事で身につくもの プレゼンテーション能力が身につく仕事
特に向いている性格 人前で話すことが得意な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

しっかり企業を見て、企業とのコミュニケーションの中で不安を払拭し、採用する側もされる側も、双方が良いビジョンを持って仕事をスタートできたら良いと思います。

芝園開発株式会社の先輩社員

「芝園開発のファンを増やす」をミッションに掲げて

管理部 広報デザイングループ
海老沼 里美
日本大学 文理学部

当社の駐輪場・駐車場を拡大してゆくために。

ファシリティマネジメント事業部 営業グループ 民間個人チーム
Y.T

「理解してもらうこと」それが私の仕事

公共サービスサポート事業部 営業グループ
梅木裕衣

社内システムを守り、攻めのITシステムをつくる

管理部 情報システムグループ
堀田絵理子

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる