株式会社大和証券ビジネスセンターダイワショウケンビジネスセンター
業種 証券
各種ビジネスサービス
本社 東京

先輩社員にインタビュー

業務企画部
岡田貴紀
【出身】日本大学  文理学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 新しいビジネスの流れを作る仕事です!
大和証券グループが新サービスを開始したり、法律・制度が改正されたりする際には、新たな事務の受託や既存の事務の見直しが必要になります。事務の委託元である大和証券の要望を汲み取って、実現するための具体的な事務フローを検討し、実際に事務を行う当社の現場部署に分かりやすく伝えるのが、私たちの仕事です。
大和証券の要望と現場部署の実状が合わない場合には、双方と交渉して調整を行うこともあり、専門性だけでなく、コミュニケーション能力も磨かれる環境だと思います。日経新聞の内容がダイレクトに自分の仕事に影響することもあるので、常に世の中の動きに敏感でいるよう心がけています。
私は入社3年目で現場部署から現在の本部部門に異動になりましたが、様々な部署で経験を積みキャリアアップできることもやりがいになっています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の提案が形になったときの達成感
税制の変更により、お客様が口座開設時に提出する申込書に新たな項目を追加した時のことです。申込書の変更と一口に言っても、お客様情報を登録するシステムの改修、担当者の作業時間の増加、お客様に分かりやすい申込書であるか等、様々なことを考慮する必要があります。当社での影響範囲を分析し、新しい業務フロー確立のため大和証券や当社現場部署のマネージャーと打ち合わせを重ねました。
現場部署にはマニュアルがありますが、「事務の仕組みを作る」今の私の仕事にマニュアルはありません。未経験の業務を理解したり、自分より年次も役職も上の方々と交渉したりと大変なこともありましたが、出来上がった新しい申込書を見たときの達成感は忘れられません。将来はNISAやマイナンバーのような大きな制度改革への対応に携わることが目標です。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 幹部候補として育成してくれるところに魅力を感じました
就職活動では金融業界に絞り、勤務地・職種・社員の雰囲気を重要視していました。営業職も見ていましたが、慎重・正確さが求められ、チームで行う「バックオフィス業務」が自分の性格により合っていると感じました。
当社を選んだ決め手は、採用の過程において一人ひとりの応募者を知ろうとする姿勢を強く感じたことです。内々定を通知する際に人事部の方が自分のどこを評価したのかしっかり伝えてくれたのが印象的でした。
入社した今は、福利厚生、勤務時間、チャレンジ出来る社風など、とても恵まれていると感じます。
 
これまでのキャリア 約定管理部(2年6ヶ月)→業務企画部(現職・半年)

この仕事のポイント

仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 役員/部長クラスの方とビジネスする仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

大きく3つあります。1つ目は、最初から絞りすぎず、興味がないと思うような業界や業種、企業でも話を聞いてみることです。
2つ目は、なるべく多くの社会人と話す機会を作ることです。私はOB訪問や、直接電話がけをして支店訪問をさせて頂きました。自分の印象や選考過程なども詳しく聞けますし、初対面の人と話すことにも慣れる良い機会です。
3つ目は、企業に提出した履歴書やESはコピーしておくことです。面接前に自分が何を書いたか読み返せて良いと思います。

株式会社大和証券ビジネスセンターの先輩社員

口座のメンテナンス業務およびチーム運営

登録業務部
矢野久子
法政大学 人間環境学部

外国債券の利金・償還金の支払業務

外国証券決済部
加納大輔
明治大学 法学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる