株式会社ツバキ・ナカシマツバキ・ナカシマ

株式会社ツバキ・ナカシマ

【東証一部上場/精密ボール/機械】
  • 株式公開
業種 機械
精密機器/金属製品/自動車/コンピュータ・通信機器・OA機器
本社 奈良

先輩社員にインタビュー

精密ボール事業 設備管理係
T・H
【出身】大阪産業大学  工学部 機械工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 精密ボール製造における機械設備の設計・管理を行っています
当社は精密ボールを作るための機械設備を、自社で製作しています。中でも私の働く葛城工場は、日本はもとより海外拠点で使われる機械設備も手掛けていることから、「マザー工場」として重要な拠点となっています。
私は、そういった機械設備の製作や管理に携わっています。具体的には、機械設備の紙図面をCADに書き直したり、自分で最初から図面を書くこともあります。昭和時代の手書きの図面を目にすることもあり、当社の長い歴史を実感しながら日々業務を行っています。
図面を書くときは、机上で考えるだけではなく実際に使われているところを確認したり、その機械設備を使用する方の意見(現場の声)を汲み取って、より良いものになるよう努めています。
今後も機械構造を勉強しながら、より優れた技術者を目指して頑張っていきます!
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自身が一から設計した部品が問題なく稼働したときです
入社して製造過程を理解する研修が終わり、今の部署に配属されてから初めての仕事でした。その仕事は機械を改良するための部品を、新たに一から作るものでした。
学生時代にも図面を書く機会はありましたが、その時は実在するものをスケッチしてCADにするというものでした。学生時代と違い、実物がないところからのスタートということで使う材質を選ぶ段階から悩んでいました。そこで上司に相談したり、機械を使用する方の要望を反映させながら、何とか図面を完成させました。
製作を発注してから先は「失敗したらどうしよう。」という気持ちで不安でしたが、納品された部品を機械に取り付け、問題なく稼働したのを見届けたときの達成感は、今でも鮮明に覚えています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 精密ボールを作っている機械が自社製、ということです
まず第一に、私は機械が好きで大学では工学部にいました。将来は製造業に就きたいと考えいろいろな分野を見ていましたが、当時世間ではハンドスピナーが流行っていました。私はそれに興味を持ち調べると、ハンドスピナーの重要部品であるベアリングにたどり着きました。機械に必需品でありながら表に出る存在でない、「縁の下の力持ち」というところに魅力を感じました。
ベアリングに関連する企業を調べると、自社製の機械で鋼球(精密ボール)を作っている当社を見つけました。高い技術力を持った会社だと感じ、私もそんな環境で力をつけ活躍したいと思い、応募したのがきっかけです。
他にも、製品のシェアが高かったことや国内にとどまらず世界に事業を拡大していることも、入社を決めた理由の一つです。
 
これまでのキャリア 2019年入社→社内研修(6ヶ月)→設備管理係(現職・今年で2年目)

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

どの業種を目指すか漠然として悩みます。
その際自身の中で好きなことを思い出してください。選ぶ方向の手助けになってくれます。
就職活動を失敗したと悔やまないように頑張りましょう。

株式会社ツバキ・ナカシマの先輩社員

精密ボールの営業:お客様からの情報収集、出荷の手配、アフターサービス等

精密ボール事業 カスタマーサービス課
K・H
京都産業大学 外国語学部 英米語学科

ボールねじの営業 ~ 社内外をつなぐ「窓口」

リニア事業 関西営業課
R・K
北九州市立大学 外国語学部 中国学科

大型送風機(ファン・ブロワ)の設計業務

ブロワ事業 技術係
S・M
福岡工業大学 工学部 知能機械工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる