株式会社ジオシステム
ジオシステム
2023

株式会社ジオシステム

【補強土工法 /ドローンによる測量 /再生可能エネルギー】
業種
建設
エネルギー/電力・電気/建設コンサルタント/設備・設備工事関連
本社
大阪

私たちはこんな事業をしています

当社は補強土工法の専門メーカー。補強土工法とは土砂崩れなどを防止する土木工法です。
30年以上日本のインフラを支えるため、新しい工法の開発、最新のテクノロジーを取り入れた事業を展開し、今まで行った施工実績は18000件以上、施工面積は300万平方メートル。
インフラ業界の先頭を走るイノベーションカンパニーがジオシステムです。

当社の魅力はここ!!

仕事内容

自然災害から日本を守る、復旧する

台風や地震、ゲリラ豪雨など多くの自然災害が日本を襲っています。その中でさまざまな地域で土砂崩れが起こり、道路が封鎖され、車両で救援物資を届けることが不可能の場合も多くあります。空から物資を届けようにも重量に限界があり、多くの人々にいきわたらせることが出来ず、一刻を争う事態になっていました。そんな悲惨な現場で、救世主となったのが「ジオウォール工法」。これにより非常に早く道路は復旧。ライフラインは確保され、多くの人々の命と希望を繋ぎ止めることに成功しました。私たちの仕事は人々の命を救います。これほど社会貢献性の高い仕事はあるでしょうか?私たちの一緒にこの日本を、そこに住む人々を守っていきませんか?

事業・商品の特徴

最先端テクノロジーを積極的に導入し、急成長

現在AIやIoTなどの最先端のテクノロジーの発展は非常に目まぐるしいものがあり、このインフラ業界でも最先端の技術をうまく取り入れながら事業を発展させていく必要があると当社は考えています。その一環として取り入れているのがドローンによる測量です。ドローンを遠隔操作し、上空から地表を写真やレーザーを用いて測量することによって、今までアナログ的に行っていた測量と比べて格段に生産性と正確性が向上しました。また、三次元データ化が容易になり、工事の進捗もスピーディーにチェックすることが可能になりました。このように当社では常に最新の技術を取り入れながら、業界をリードする企業を目指していきます。

戦略・ビジョン

インフラ業界にイノベーションを

当社は補強土工法の専門メーカー。30年以上インフラを支えてきた技術力は業界でも随一です。特に自社開発した「ジオウォール工法」は業界にイノベーションを起こしたほどの画期的な工法で、全国各地にニーズが広がり、現在では施工実績は18000件以上、施工面積は300万平方メートルを誇っています。これは東京ドーム64164個分の面積です。このように根本から日本のインフラを支えているのがジオシステムです。また、日本では近年異常気象の影響もあり、ますます地震・津波・台風・豪雨・土砂崩れ・雪崩などの自然災害の件数が増えてきました。これらの被害を最小限に抑え、人々が当たり前に安全・安心できる生活を守ることが私たちの使命です。

会社データ

事業内容 ■補強土壁工法(ワイヤーウォール工法)の販売
1989年の創業以来、補強土壁工法の専門メーカーとして設計・部材納入・施工説明まで多岐にわたって展開。これら一連のサポート体制をGSP(ジオスピードパッケージ)として提供。


■ドローンサービス事業
ドローンによる航空測量を導入することによって、人力による地上測量では膨大な時間を要していた3次元データ作成までを短時間かつシームレスに行い、シミュレーションや施工計画に利用。
これらの技術を活用することによって、土木工事において全自動無人工事が可能になる等、まだまだ多くの可能性を秘めている事業です。

例えば、風力発電施設を建設する際にも、山の中での地形を測量するために、ドローンによるレーザー測量を導入することで、樹木に覆われた森林の地表面を計測することも可能です。


■再生エネルギー事業
再生可能エネルギー施設を検討する場合、建設予定地の選定、事業の採算性のチェック、その後は詳細な設計や開発申請へと進みます。我々は各段階においての様々なサービスを提供しています。
具体的には、発電所の土地造成や管理用道路の設計や各種開発申請、地形測量、地質調査、発電所と電力連系地点を結ぶ自営送電線の調査設計を行います。

民間の再生エネルギー事業では、測量設計や建設工事といった土地造成に関わる初期コストを抑えることが、将来の収益に大きく影響します。


ジオシステムは、全国的なネットワーク、これまで培ってきた経験、ドローンをはじめとする最先端機器の導入によって、擁壁だけではなく、道路や土地造成計画をお手伝いします。

設立 1989年(平成元年)4月
資本金 7000万円
従業員数 52名(2020年11月時点)
売上高 16億円(2020年3月度)
代表者 代表取締役社長 寺尾 邦憲
事業所 <本社>
■大阪本店
大阪府大阪市西区西本町1-7-19 ワイダ本町ビル6F

<支店>
■仙台支店 ■東京支店 ■名古屋支店 ■福岡支店 

<営業所>
■盛岡営業所 ■広島出張所 ■松山営業所 ■徳島営業所 ■熊本営業所 ■大分営業所

<関連会社>
■株式会社ジオクリエイト
■株式会社ジオウィング
沿革 1989年 会社設立 アメリカHilfiker社のワイヤーウォールを導入
1990年 ワイヤーウォール国内初施工
1993年 全国部材供給体制の確立
1997年 全国販売ネットワーク完成 全社コンピュータシステム完成
2001年 イタリア TENAX社と提携
2003年 韓国合弁会社(GSK)設立
2005年 中国合弁会社(GSC)設立
2011年 ベトナム進出
2015年 カンバツ仮囲い初施工
2016年 再生エネルギー事業へ進出
      ドローン・レーザースキャナ導入
2018年 補強土工法施工実績18,000件
ホームページ https://geosystem.co.jp/
企業理念 新しい価値を持つ技術とサービスを創造し、自然と調和した、持続可能な社会の実現に貢献します。
ミッション 1、独自の製品・技術により、高い安全性と生産性の向上、環境負荷の低減を実現し、社会インフラ事業に貢献します

2、自社の持つ優れた技術力とサービスで、再生可能エネルギーの普及に貢献します

3、ドローンを利活用した新技術・サービスを創造し、現場の生産性向上に貢献します
所属団体 (公社)地盤工学会
国際ジオシンセティックス学会
ジオウォール協会
(公社)日本材料学会
建設工学研究所
主な取引先 東光電気工事株式会社
三和コンクリート工業株式会社
自然電力株式会社
大林道路株式会社
ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社
持続可能な開発目標【SDGs】への参加 私たちは、自社の土木技術を活用して、再生可能エネルギーの普及、国土の70%近くを占める森林の保全に貢献し、国連サミットで採択された「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」にコミットいたします。
【新型コロナウイルス感染症への対応 】 ・説明会会場にアルコール消毒薬を用意します。
 会場入室前に手指の消毒をお願いします。

・非接触検温装置を準備しています。会場入室前に検温をお願いします。

・セミナー前後に会場の換気を行います。

・会場定員の半分以下の人数までで説明会を実施します。

・予定どおり説明会を実施します 。

・来社 に不安のある方は、個別に電話にて面談等の相談に応じます 。

・必ずマスクをしてお越しください。説明者もマスクを着用して対応致します。
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)