トータルテクニカルソリューションズ株式会社トータルテクニカルソリューションズ

トータルテクニカルソリューションズ株式会社

自動車の設計・先行開発(HV、EV、FCV、PHV、LEXUS、GR)
業種 自動車
機械/輸送機器/その他製造/機械設計
本社 愛知
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

車両設計開発部
南 翔馬 SHOMA MINAMI(27歳)
【出身】豊田工業大学  工学部 先端工学基礎学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 燃料電池車(FC車)の部品開発
トヨタ自動車が将来に向けて新しい燃料電池車を開発しています。
その開発部隊の一員として、FCスタックという部品開発担当で、
現在は試作品の評価・実験をメインとしています。
また、評価に使用する治具などをCATIAで設計しています。
FCスタックとは、水素と酸素が化学反応を起こし電気を作る部品で、
FC車の心臓部と呼ばれる大変重要な部品です。

それから、直近ではスタックの開発がひと段落したため、
水素タンクの開発に関わるようになってきました。
水素が充填されるとても重要な部品になりますので、毎日緊張感を持ちながら活動しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
未来のクルマが少しずつ形になっていく!
私が担当しているFC車は、2020年以降に発売を予定している車で、
まだまだ研究・開発要素が高く日々試行錯誤しています。
そんな中でも、少しずつ部品の形状が決まっていくのを目の当たりにしているので、
これが将来世の中を走るんだと思うとワクワクしています!
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分の好きなことが出来そう!
就活を始めるまでは漠然とモノづくりの世界で働きたいなと考えているだけでした。
色々な会社説明会に参加していく中で、自分は車に関わりたいと思おう様になり、
リクナビでたまたま見つけた当社の説明会に参加。
選考が進んでいく中で人事の方が親身になって相談に乗ってくれて、
自分のやりたいことが徐々に明確になっていったのを覚えています。
もう面接というよりはカウンセリングみたいな雰囲気でしたね(笑)
実際、興味のあった燃料電池自動車の開発に携わることができ、日々充実しています。
 
これまでのキャリア ■入社 2016年
■技術キャリア2016年度入社(入社2年目)
  2016年~ FC車(燃料電池自動車)用部品の開発設計
  2018年~ FC車用 水素貯蔵タンクの開発
■その他
  社内CATIA講師

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 海外の人と接することが多い仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

最初から業界を絞り切れていなかった私の様な方は、
説明会などで人事の方にいっそのこと相談してしまっても良いかもしれません。
客観的なアドバイスをしていただけますし、
自分が他人にどう映っているのかを知るいい機会になります。

トータルテクニカルソリューションズ株式会社の先輩社員

スポーツカーコンセプトモデルのエンジン開発

技術開発部
平野 慈人 NARITO HIRANO
愛知工科大学 工学部 機械システム工学科

次世代燃料電池の研究開発

技術開発部
片岡久志 HISASHI KATAOKA
名古屋大学大学院 工学研究科 航空宇宙工学専攻

電動車用リチウムイオンバッテリーケースの設計開発

先進モビリティ開発部
彦坂祐輔 YUSUKE HIKOSAKA
愛知工科大学 工学部 機械システム工学科

次世代モータの実験評価

先進モビリティ開発部
加藤靖章 YASUAKI KATO
名城大学 理工学部 交通機械工学科

シート開発プロジェクト

先進モビリティ開発部
白井慎吾 SHIRAI SHINGO
近畿大学 工学部 機械工学科

自動車用ECUの回路設計

電子制御開発部
篠原 巧 TAKUMI SHINOHARA
豊橋技術科学大学大学院 工学研究科 電気・電子情報工学専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる