日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社ニッポンベーリンガーインゲルハイム・ベーリンガーインゲルハイムセイヤク
業種 医薬品
化学
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

神戸医薬研究所 製剤分析研究部
板垣 舞
【出身】横浜市立大学大学院  生命医科学研究科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 経口固形製剤の分析法開発
製剤分析研究部では、グローバルで使用される経口固形製剤処方の設計と分析を行います。現在私は分析化学グループに所属し、ヒト臨床試験、そして承認申請に関わる分析業務を担当しています。HPLCを始めとした様々な技術を使用して分析法を開発し、製剤の物性、有効成分や不純物含量等の理化学的な評価を行うのが主な業務内容です。また、国内外の医薬品規制に準拠して実験データをまとめ、治験申請資料や新薬承認申請資料も作成しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
医薬品の種が製品になっていく過程に関わることができる
昨年4月に入社してからやがて1年になりますが、新しいことを覚え、慣れていくのに精一杯で、こちらでご紹介できるような素晴らしいエピソードはまだ無いというのが正直なところです。しかしながら、学生時代の研究テーマが基礎研究寄りであった私にとって、より製品に近い部分の業務を行うことはとても新鮮で面白く、ひとつひとつの仕事を覚えるごとに学びがあると感じています。また、同じく先輩社員として紹介されている松浦のコメントにもありますように、社員一人一人が業務をよりよいものにするためのアイデアを出すことが常に推奨されています。こういった環境のおかげで、自分から何か発信しようというモチベーションを持つことができています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 外資系で国内研究所を持っているという点に興味を持ったから
ヒトの健康に寄与する仕事をしたいという思いから、医薬品の研究開発に従事したいと考えていました。最初に弊社に興味を持ったきっかけは、外資系製薬企業としては珍しく、日本国内に研究所を構えているという点でした。海外の研究開発拠点と連携して仕事をすることに興味を持ちました。また、研究所は神戸医療産業都市の中心である神戸ポートアイランドにあることから、外部の研究機関との積極的なコラボレーションも期待できると感じて入社を決めました。採用面接時に、”ここは自分に合っている”と感じたことも決め手の一つです。
 
これまでのキャリア 神戸医薬研究所 製剤分析研究部(現職・2018年入社で現在1年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 海外の人と接することが多い仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動における採用・不採用は、大学入試やセンター試験のように明確に点数化して結果が決まるものではなく、その時企業側が皆さんに求めるものと、皆さんの能力や特性やマッチすることが採用につながるのだと思います。縁やタイミング、相性といった目に見えない要素も含まれるこの場においては、“不採用=能力を否定された”ではないことを心に留めておいてほしいです。皆さんに良い“ご縁”が訪れますように。

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社の先輩社員

東京都江東区にある病院や診療所の医師、薬剤師の方々~

東京支店 城東営業所
神丸 真裕香
生活科学部卒

薬は飲む人の人生を変える

プライマリーケア事業本部糖尿病領域マーケティング部ジャディアンスマーケティング
鈴木 惟國
薬学部

非臨床薬物動態・安全性試験のための新規技術開発

神戸医薬研究所薬物動態安全性研究部
伊藤 航平
東京大学大学院 理学系研究科 生物科学専攻

新薬候補化合物の製剤化のための処方および製造プロセス開発

神戸医薬研究所製剤分析研究部
松浦 由佳
薬学部/薬学研究科

医薬品の効能を担保し、人々の笑顔に貢献する仕事

品質統括部 品質管理グループ
鐙 佳奈子
山形大学大学院 理工学研究科 バイオ化学工学専攻

安全な医薬品を提供する重要な役割

品質統括部品質管理グループ
菅原 啓
新潟大学大学院 自然科学研究科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる