株式会社ブロンコビリーブロンコビリー

株式会社ブロンコビリー

レストラン・フードサービス【東証一部上場】
  • 株式公開
業種 外食・レストラン・フードサービス
食品/商社(食料品)/その他専門店・小売/その他サービス
本社 愛知、東京

先輩社員にインタビュー

関東第二営業部
遠藤 佳津菜(23歳)
【出身】東京聖栄大学  健康栄養学部 食品学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 経験と成長
私は入社して1年目を向かえ2年目に突入しました。
最初は店舗でお仕事をしていましたが、現在は人事部でリクルーターというお仕事をしています。
店舗での仕事内容とは違い最初は不安でしたが、まだ学生と年齢が近いことや2年前に就職活動をしていたので学生目線で学生と接する事ができたと思います。
6月には店舗に戻ります。リクルーターとしてお仕事をさせていただいて気づいたこと、学んだことがたくさんあり自身成長にも繋がりました。
そのことを店舗に戻って教える事ができるのはリクルーターを経験した私だからこそ出来ることだと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
笑顔
私は「食で人を笑顔にしたい!」そんな想いがあるので、お客様の笑顔が見れたとき、従業員の笑顔が見れたときはもちろん嬉しいです。
GWに店舗でお仕事をした時のことです。店舗に行くと従業員が笑顔で向かえてくれました。
そして2、3ヶ月も空いていたのにも関わらず常連のお客様が笑顔で手を振ってくれたり、笑顔で「いつも見る顔ね!」などと声をかけてくれました。お客様が覚えてくださって笑顔で接してくれたことがとても嬉しかったです。忙しかったり、失敗をしてしまうと落ち込んだり、嫌になることもありますが誰かの「笑顔」が見れたとき、この仕事が好きだと思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き お客様の笑顔はもちろん、従業員も笑顔に!
たくさん飲食業がある中でなぜブロンコビリーだったか。
私がある想いを持っていたからです。それは「お客様はもちろんのこと、働いている従業員も笑顔で幸せになってほしい。」という想いを持っていたからです・。
ブロンコビリーは「全従業員の永続的物心両面の幸福を実現したい。」という想いを
大切にしています。この想いと私の想いが一致しました。
会社がこのような想いを持っているなら、私の願いも叶えられると思ったので
ブロンコビリーを選びました!

「お客さん、全従業員、自分、お店の中にいる全ての人の笑顔であふれている。」
そんなお店を作りたいと思います。
 
これまでのキャリア 東久留米店→人事課リクルーター→東久留米店

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 毎日違うお客様とお会いしていく仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 経営ノウハウが身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分のこだわりを持ってみてください。私の場合ですが「人を笑顔にしたい。」 じゃあ何で笑顔にするのか?と考えたとき、「食で笑顔にしたい。」と考えて飲食業を選びました。そして私は「全従業員を幸せにしたい。」という想いに共感して入社を決めました。自分が持っている想いと共通する部分があるかという視点も付け加えてみたらいいかなと思います。

株式会社ブロンコビリーの先輩社員

店長として、ヒト、モノ、お金の管理をしています!

武石インター店 店長
眞方 智成
中央大学 商学部 経営学科

お客様の前に運ばれてくる料理が私の仕事の結果

製造部 関東ファクトリー
森本 祐司
中部大学 応用生物学科応用生物化学科

広がる活躍と成長の場

第二営業部 港北みなも店 副店長
安友沙織
共立女子大学 家政学部食物栄養学科管理栄栄養士専攻

ブロンコビリーのおいしい料理を多くのお客様にお届けしたい!

人事総務部人事課
野田 七海
愛知学院大学 文学部国際文化学科

新店の立ち上げ、トレーニング担当を経て店長へ

第二営業部 戸塚原宿店 店長
間嶋 沙妃子
東京国際大学 言語コミュニケーション学部 英語コミュニケーション学科

一つのお店を経営する

関東第一営業部
井上耀介
専修大学 人間科学部社会学科
[指向タイプ]頼りになるオーガナイザー

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる