株式会社加藤組カトウグミ

株式会社加藤組

総合建設業/土木/建築/住宅/環境事業
業種 建設
建設コンサルタント/建築設計/不動産/住宅
本社 新潟
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

家造事業部
船山 晃貴(27歳)
【出身】工学院大学  建築学部・建築デザイン学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 工事全体の管理
私は加藤組の家造事業部という住宅部門の部署に所属しています。主な仕事は、新築住宅、リフォーム、修繕工事などの工事現場において、施工の全体管理を行う仕事です。
管理といっても業務内容は様々です。施工方法の考案、原価管理、安全や品質管理、工程管理、業者の手配、材料の手配など工事が計画通りに進むように工事全体を管理します。
その他にも、リフォームや修繕工事の場合はお客様と直接やり取りし、材料の色や種類などの仕様を決めることも業務内容の一つです。
専門職の業者さんが入るタイミングや材料の搬入のタイミングを見極め、工事の流れを止めないように段取りするところに難しさはありますが、工事が計画通りに進み無事に完成した時にはとてもやりがいを感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
工事完了の達成感
初めて新築住宅の工事現場を任され、無事に引渡しができた時がうれしかったです。
それまでは上司が管理する現場の補佐をしていましたが、やらなければ覚えないという会社の方針で新築住宅の現場管理を任されることになりました。実際に工事が進んでいくとわからないことが多く、不安になることばかりでした。しかし、わからないところは上司や職人さんが丁寧に教えてくださいました。無事に工事が完了した時の達成感は今も忘れません。
この部署に配属されてから3年が経ち、何棟か新築住宅の現場を管理してきましたが、引渡しの日のうれしい気持ちは今も変わりません。私たちには数ある現場の一つでも、お客様にとっては大切なマイホームであることを胸に、慣れることの無いよう業務に励みたいです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 村上といえば加藤組
私は東京の大学に進学していましたが、就職のタイミングで出身地である村上市に帰ってきたいという思いがありました。
大学で建築を学んでいたので建設業の仕事に就きたいと思っており、私の中で村上市で建設業といえば「加藤組」というイメージがあったので加藤組で働きたいという気持ちが強くありました。
入社してみると先輩の皆さんは仕事に対してすごく積極的で、「いいモノを作ろう」という気持ちが社員全員で共有できていることにすごさを感じました。
 
これまでのキャリア 本社家造事業部(3年目)

この仕事のポイント

仕事の中身 地図や歴史に自分が関わったものを残せる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

知人からや地域での評判で会社の情報を知り、実際に説明会で確かめるといいと思います。

株式会社加藤組の先輩社員

お金に関する大切な業務

経理部
渡部佑太郎
新潟県立村上桜ケ丘高等学校 ビジネス系列

現場管理に必要なことを学ぶ

土木事業部
東海林 篤
立正大学 地球環境科学部・地理学科

大きな現場から小さな現場まで携わる

建築事業部
冨樫 優紀
新潟日建工科専門学校 建築設計研究科

営業事務として会社を支える仕事

営業部
中束 惠
新潟県立村上桜ヶ丘高等学校 総合学科 ビジネス情報系列

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる