富山小林製薬株式会社トヤマコバヤシセイヤク

富山小林製薬株式会社

小林製薬グループ
業種 医薬品
化学/化粧品/食品
本社 富山

先輩社員にインタビュー

製造技術職(窓口担当)/2005年入社
藤井さん
【年収】非公開
これが私の仕事 窓口担当とは?
新製品導入のプランニング、既存製品の仕様変更や見直し、更には小林製薬との情報窓口担当を行っています。
新製品導入のプランニングとは、毎年小林製薬から発売される数多くの新製品の中から、当社が保有する設備機器や人材と採算面や能力的に合致する製品を調査・抽出し、最も効率よく導入できる仕組みを導き出すコーディネーターとしての仕事です。
既存製品の仕様変更や見直しは、製造時における作業手順と原料・資材のバランスを見直すことでコストダウンを推し進める取り組みです。但し、資材を変えるにしても、現在の在庫や、生産計画の進捗、設備の手配など複数の項目について、常に最新の情報を管理下に置く必要があります。そのため原料・資材の仕様や納期、製造設備の能力や必要な人員数等、製造全般に関わる知識が求められています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
大型コストダウンに成功しました!
難題だった大型のコストダウン案件への取り組みです。全体の計画立案から、部門間の調整、進捗管理は全て私が行いました。開始当初は本当に実現可能なのか半信半疑でしたが、日を追うにつれて成果が目に見えるようになり、手応えを感じました。最終的には計画通りの期間でコストダウンを導き出すことができ、私が会社や組織に貢献出来たという充実感を強く感じました。この経験が、コーディネーターとしての仕事への自信を深めることに繋がりました。扱う金額は大きく、人もたくさん関わっているため、正直なところプレッシャーはあります。自分がつまづくとみんなを巻き添えにしてしまいますから。それでもそれらを上回るやりがいは十分にあると思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分の働く姿が想像できました!
私には「なりたい自分の姿」がビジョンとして常に頭の中にありました。但し、そこに至るプロセスが明確で無かったため、企業選びにはずいぶん苦労しました。企業説明会において、若い人たちにも活躍の場を提供する姿勢を伺った事が決めてとなりました。今はその言葉を実感として捉えています。
 
これまでのキャリア 製造技術職(機械担当)4年→製造技術職(窓口担当)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 段取り上手な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分自身の長所をよく理解し、自分が活かせる仕事を見つけてください。
私もかなり悩みましたが、諦めず前向き(プラス思考)に考えることが大切です。

富山小林製薬株式会社の先輩社員

小林製薬の製品製造にあたる「調剤」を担当し、工程改善に取り組む。

製造技術職(機械担当)/2014年入社
上杉さん

当社で製造する製品の原料試験に携わっています。

品質管理職/2013年入社
平林さん

医薬品・化粧品関係の生産ラインを担当しています

製造技術職(機械担当)/2005年入社
南さん
富山大学 工学部化学生物工学科

義歯洗浄剤(タフデント、パーシャルデント)は私が作っています!

製造技術職(機械担当)/2010年入社
中村さん

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる