富山小林製薬株式会社トヤマコバヤシセイヤク

富山小林製薬株式会社

小林製薬グループ
業種 医薬品
化学/化粧品/食品
本社 富山

先輩社員にインタビュー

製造技術職(機械担当)/2005年入社
南さん
【出身】富山大学  工学部化学生物工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 医薬品・化粧品関係の生産ラインを担当しています
現在は主にチューブ製品の生産ラインの設備改善・メンテナンスなど行っています。
それ以外にもその他のラインが困っていれば応援も行っています。
現場を預かる身として、「日々改善」の言葉を胸に、その改善の中にどれだけ自分らしさを出せるかが仕事を楽しく行うモチベーションとしています。また皆様の健康を守る仕事ということでも責任感とやりがいがたくさんあふれている職場です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
社内コンテストで金賞!
昨年実施した新規設備導入プロジェクトで社内コンテスト金賞をいただきました。でも実際のところ、メンバーには入っていましたが自分としての貢献度はイマイチ感。それが心残りで引きずっていたのですが、今年も同設備のプロジェクトが決まり、なんと今回は自分もメインで参加できることに。現在、成功に向けて日々頑張っています。
2年目とはいえ難易度はやはり高くすぐに行き詰ったりしていますが、それを乗り越え前進を肌で感じれる毎日に充実感がたっぷり。いろいろ不安もありますが、成功すれば2工数削減という大きな仕事なので必ず達成して、本当の意味で金賞の一員になりたいと思っています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き お客様の“あったらいいな”に応えたモノ作り技術と意識の高さが魅力的!
富山=売薬の印象が強いが、薬局等で市販されている医薬品を生産する製薬会社も多いことを、企業研究をしていく中で知った。更に、県庁や市役所にもくすり政策課等があり、県をあげて薬の開発、品質向上に尽力していることも知り、医薬品に従事できる企業に勤めたいと思い、医薬品製造の会社を選んだ。
転職の機会になった時に、また医薬品業界に勤めたいと強く思っていて、数ある企業の中で、富山小林製薬に関しては、本社である小林製薬が消費者の細かなニーズを捉え、ニッチ市場に参入していると云った点で、生産性や品質管理もレベルの高いものだろうという印象を受けていた。その環境の元で自分も頑張って成長したいと思った。
 
これまでのキャリア 前職:医薬品製造業(3年)⇒当社へ転職:製造技術職(生産担当)

この仕事のポイント

職種系統 生産・製造技術開発
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

企業研究等では、企業のアウトラインすら見えづらいことも多いかと思います。ですので、企業説明会へはなるべく足を運び、実際に勤めておられる方々の話を聞くことの方が有意義かと思います。できるなら、説明終了後に個人的に話しかけ、質問していく、というのが良いと思います。また、面接では企業や自身の良い事ばかりを述べていくのではなく、課題等も述べ、それを自身はどうしていきたいかという先見的な視点も話せる方が、企業側の印象に残ると思います。

富山小林製薬株式会社の先輩社員

小林製薬の製品製造にあたる「調剤」を担当し、工程改善に取り組む。

製造技術職(機械担当)/2014年入社
上杉さん

当社で製造する製品の原料試験に携わっています。

品質管理職/2013年入社
平林さん

窓口担当とは?

製造技術職(窓口担当)/2005年入社
藤井さん

義歯洗浄剤(タフデント、パーシャルデント)は私が作っています!

製造技術職(機械担当)/2010年入社
中村さん

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる