三洋テクノマリン株式会社サンヨウテクノマリン

三洋テクノマリン株式会社

建設コンサル/環境コンサル/測量/地質調査/ 計量証明事業
業種 建設コンサルタント
コンサルタント・専門コンサルタント/その他サービス
本社 東京

先輩社員にインタビュー

経営企画本部戦略企画部
H.K(32歳)
【出身】大阪大学大学院  工学研究科生命先端工学専攻 博士後期課程修了 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 全国各地の海洋調査(海や生き物好きにはもってこい)
私は海洋の環境調査全般を担当しています。その仕事内容は大きく2つに分けられます。1つ目は、全国各地を飛び回って、船の上から水や土を採取したり、干潟で底生生物を採取したり、底曳網で魚を採取したり、といった、データを取得する仕事です。2つ目は、得られたデータを整理して結果を作り、客先(業務の発注者)に報告する仕事です。業務によっては、一日中魚を解剖したり、半月ほど船に乗りっぱなしで快適(?)な船上ライフを満喫したり、と非日常的な経験を味わえるのも魅力の一つです。もちろん、全国各地を飛び回れるため、各地の名産を食べたり、おいしいお酒を味わったり、様々な港で釣り糸を垂れる楽しみもあります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分の取得データがきれいな結果になった!
私の業務は、自分でデータをとってきて、分析結果をまとめて、客先に説明する、ことです。そのため、どこかの工程に不具合があり望ましい結果を得ることができなければ、それは当然自分の責任になるわけですが、逆にうまくいったときの喜びも一塩です。以前、試料を採取し、その試料を用いて実験と結果の整理を行う業務がありました。最終的なゴールを想定し、目的に一致するように様々な点に注意し、試料採取や実験を行いました。その結果、自分の想定していた通りの綺麗な結果が得られました。得られたデータをもとにグラフを描いた時の感動は忘れられません。余談ではありますが、客先からもいい評価が得られました。この結果は、自分で責任をもって最初から最後まで携わったからこそ得られた結果だと考えています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 面白さ100%!
好きなことを仕事にできるというのは素晴らしいことだと思います。私は、海や生き物が大好きで、ずっとそれに携わる仕事をしたいと思っておりました。ただ、残念なことに、それに携われる仕事は決して多くはありません。そんな私にとって、お金をもらいながら海や生物のことを考えていられるというのは最高の贅沢です。海や生き物が好きで、毎日を面白く過ごすために、この会社を選びました。
 
これまでのキャリア 技術職(現在3年目)

この仕事のポイント

職種系統 コンサルタント・研究員
仕事の中身 とことん地球環境に貢献する仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 動物と接する仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 人前で話すことが得意な人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自己分析をして、「自分像」をしっかり認識することが大切だと思います。その上で、会社が求める人物像を想定し、そこに無理のない範囲でフィットさせることができれば高確率で受かります。ただ、あくまでも恋愛と一緒で、結局は相性と「運命」ですので、就職活動がうまくいかなかったとしても深く落ち込む必要はありません。自己肯定感を高くもって、自分を落とした会社の見る目がない、くらいの気持ちでいくと良いかと思います。

三洋テクノマリン株式会社の先輩社員

日本各地の海洋調査

技術部環境コンサルタントグループ
T.H
鹿児島大学 水産学部水産学科

海に生息する生物分析、生理実験、研究、海洋調査

大宮環境分析センター 生物分析室
水島 康一郎
長崎大学 大学院生産科学研究科後期博士課程

日本の沿岸域や内湾で洋上調査を実施し、海洋環境データを解析しています。

技術部建設コンサルタントグループ
匿名
東京海洋大学大学院 海洋科学技術研究科 海洋環境保全学(博士前期課程)

漁船に乗って沿岸域の海洋調査を行っている。

技術部環境コンサルタントグループ
匿名
東海大学大学院 海洋学研究科 海洋科学専攻(修士課程)

海の環境調査に関わる仕事

技術部環境コンサルタントグループ
Y.O
日本大学大学院 生物資源科学研究科応用生命科学専攻

海を主とした環境調査~内容は魚類調査や潜水調査等様々~

匿名

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる