生活協同組合コープあおもり
コープアオモリ
2023
業種
生活協同組合
スーパー・ストア/共済
本社
青森
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

青森県内に4つの店舗、6つの共同購入センターを展開し、安全・安心な食品を中心とする生活必需品を提供するとともに、共済・灯油・葬祭・サービス等の各種事業をおこなって、組合員の日々のくらしを支えています。
同時に、食品・環境・福祉・平和・子育て等々の組合員の自主活動を支えています。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

安全・安心な商品で、組合員の日々の暮らしを支えています!

コープあおもりは、消費者自らが出資し、利用し、運営に参加する生協(生活協同組合)です。安全な商品と安心できる暮らしを求める組合員(主にお母さん)のお買い物を、お店や宅配でお手伝いしています。青森県内に4つの店舗・6つの共同購入センターを展開し、安全・安心な食品を中心とする生活必需品を提供しています。また、共済・灯油・葬祭・サービス等の各種事業を行って組合員の日々の暮らしを支えると同時に、食品・環境・福祉・平和・子育て等々の組合員の自主活動を支えています。

仕事内容

「生協さん」から「佐々木さん」へ

コープあおもり最大の事業は共同購入、カタログとトラックで組合員の買い物をお手伝いする事業です。現在は青森県40市町村すべてをカバーしています。共同購入は、毎週「同じ曜日の、同じ時間に、同じ担当者が」お届けします。つまり、組合員さんの生活の一部になるということ。毎週お会いすることで、コープあおもりがより身近な存在に変わっていきます。「生協さん」から「〇〇さん」へ担当者の呼び方が変わる、それは組合員にとて、”我が家の生協さん”としての期待と信頼の証です。

社風・風土

入協後1年間は先輩職員がメンター。何でも気軽に相談できます。

コープあおもりは職員の教育研修にも積極的です。2019年からはメンター制度を導入し、入協後1年間は先輩職員がメンターに。コープあおもりのメンターは「何でも気軽に聞ける先輩職員、お世話係」として新卒職員一人ひとりに対応しています。また、研修については入協前に内定者研修を行い、入協前の不安を軽減するとともに内定者同士の親睦を深めています。入協時集合研修では、生協について、マナー講座、商品知識、食の安全などを学び、各センター配属後にはOJTによる実務研修も行います。トラックの運転から、お届けルート、組合員さんの顔と名前、事務処理の仕方などをイチから学んでいきます。

会社データ

事業内容 共同購入事業、店舗事業、生活関連事業、保障事業
設立 1993年3月
出資金 35億9,787万円(2021年3月20日現在)
正規職員数 222人(2021年3月20日現在)
供給高 168億6,070万円(2021年3月20日現在)
代表者 理事長 菅原 正
組合員数 154,159人(2021年3月20日現在)
事業所 【本部】
青森市

【共同購入センター】
青森市(2ヶ所)、平川市、八戸市、むつ市、十和田市

【店舗】
和徳店、松原店、西弘店、るいけ店
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)