株式会社ハイデイ日高ハイデイヒダカ

株式会社ハイデイ日高

【日高屋】 (東証一部上場)
  • 株式公開
業種 外食・レストラン・フードサービス
各種ビジネスサービス/その他サービス
本社 埼玉

先輩社員にインタビュー

日高屋 京急蒲田駅前店
上田 兼規
【出身】法政大学  文学部地理学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 活気溢れる厨房を主に担当。
僕の今の仕事の8割は、厨房での調理。初めはホールでの接客・サービスの基本を徹底的に教えて頂きました。正直入社した当時は、忙しさに翻弄され毎日が大変でした。そして仕事も徐々に慣れてきたころ、厨房へとチェンジ。ホールとちょっと違い、厨房は時間との勝負!この頃私たちの仕事は、以前自分が取り組んでいたスポーツ、スピードスケートのよなものだと感じました。できるようになればなるだけ、スピードが上がる!うまくなる!元々できるようになってくると楽しくなるタイプ。今では本当に楽しみながら仕事をしていますよ。また3年以内には店長目指すという目標もできましたので、まさにスポーツに近い仕事だと、自分では思っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
スピードスケートで鍛えた忍耐力が活きる!
小学校3年生から大学卒業まで、ずっとスピードスケートをやっていた関係で、忍耐力は人一倍あると思います。そんな忍耐力が活かせるのは、やはり忙しさがピークのとき。それは戦場さながら、ホールも厨房も熱気に溢れている時間ですね。そんな忙しさをどう乗り越えるか。どう料理のスピードを上げていくか。そこに理論なんて存在しません。ひたすらお客様のために、美味しい料理を提供するだけ!そんな時間を乗り越えた後の爽快感は、スポーツをした後に匹敵するものがありますよ。もちろん慣れるまでは大変ですが、スポーツで鍛えた忍耐力が、まさに活きる瞬間ですね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 飲食店のイメージが変わった。
僕が飲食業界に持っていたイメージ。それはなかなか休みが取れないのでは…というもの。イメージだけで会社や企業、お店の本質が見えるわけではありませんが、『日高屋』も同じだと思っていました。会社説明会でもしっかり休めることは聞いていましたが、まだ半信半疑。また『日高屋』についてもそれほど知らず、実は会社説明会で東証一部上場企業だと知りました。そんな会社だからこそ、待遇や休日もしっかりしているだろうと思い、入社を決意しました。実際働きだして分かったことは、しっかり休める!ということ。手厚い待遇があるということ。会社として、社員のことを考えてくれているな、そんな実感さえあります。そんな飲食店のイメージを変えてくれた『日高屋』は、社員に優しい会社ですよ。
 
これまでのキャリア 蒲田東口店

この仕事のポイント

仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 何人もの人を動かすリーダーシップが問われる仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

大学3年の2月から就職活動を開始。といっても、ずっとスピードスケート一筋だった僕にはアルバイト経験もなく、どうしたら良いのか分かりませんでした。でもまずは行動だと思い、食品、飲料メーカー、飲食業界や金融系など、多くの会社説明会に参加しました。僕のように、どうすればいいのか分からない。そんな学生も多いかと思います。だからこそ色んな業界を見るのは、よい手段です。ぜひみなさんも、自分が本当にやりたい仕事が見つかるまで、諦めず頑張ってください。

株式会社ハイデイ日高の先輩社員

毎日成長を実感できる環境

日高屋 豊田北口店
高岩 菜摘
創価女子短期大学 国際ビジネス学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる