伊藤超短波株式会社 イトウチョウタンパ

伊藤超短波株式会社

医療機器(治療器・美容器等)の設計開発、製造、販売
業種 医療機器
精密機器/ソフトウェア/医療関連・医療機関/商社(医療機器)
本社 東京、埼玉
インターンシップ・1day仕事体験の評価10件~20件
  • 総合評価
  • 4.54 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 仕事内容の理解 4.67

先輩社員にインタビュー

開発生産本部 開発部
K.M(26歳)
【出身】埼玉大学 大学院  理工学研究科 物理機能系専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 設計から開発、製品評価まで幅広く担当!
・設計業務
3DCADソフトを使用して製品の筐体や部品の設計を行っています。また、設計したモノを3Dプリンターで作製して、実際にどのような形状になるのか確認します。データ上では気付かない問題点を発見することができ、現物を確認することの大切さを日々学んでいます。

・開発業務
電気回路・機構・ソフト設計課のメンバーから構成されたチームで、製品の仕様決定から製品を市場に出すところまでを担当します。各課で連携を取りながら、開発スケジュールに沿って製品開発を進めていきます。

・製品評価業務
市場に出す前の段階で、製品の評価を行います。外観や性能に異常がないか、使いづらい点はないかをチェックし、使う方目線での製品評価を行います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分のアイデアが採用されたとき
製品開発打合せ時に、自分の考えた製品のオプション品のデザイン案が採用されたことです。
私が担当する製品の開発打合せ時に製品のオプション品のデザイン案を開発チーム内で出し合う機会があり、私もデザインを考え3DCADで設計を行いました。
上司や先輩に相談しながらデザインの検討進め、3Dプリンターでデザインしたモノを作製し使い心地の確認を行いながらデザインを練りました。その結果、私のデザイン案が採用されることになり、とても嬉しかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 社会貢献性の高い製品に魅力を感じた!
家庭用治療器の製品開発を行っていることに魅力を感じたからです。
医療機器業界を志望しており、大学の会社説明会で伊藤超短波を知りました。
高齢化が進み医療費の増加が問題となっている中で、病院に行かずに家で治療を行える【家庭用治療器】の開発は社会貢献性が高いと感じました。
また、大学で物理系を専攻していたこともあり、物理療法機器を扱うこの会社でなら大学で学んだことを生かせるのではないかと考え、志望しました。
 
これまでのキャリア 機構設計業務(入社3年目)

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 高齢化社会について考える仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

色々な会社を見に行った方がいいと思います。会社のHPを見るだけではその会社の雰囲気や、どんな人が働いているかイメージ出来ないと思うので、実際に行って肌で感じることも大切だと思います。
時間は限られているため興味のある会社全てを見ることは出来ないと思いますが、自身の就職活動の軸に沿って、後悔のない就職活動を行えるよう頑張って下さい。

伊藤超短波株式会社 の先輩社員

電気回路の設計

開発生産本部 開発部
K.H
工学院大学大学院 電気電子工学専攻

治療器の組込みソフトウェアの設計・開発

開発生産本部 開発部
S.T
日本大学 理工学部 電子工学科

製品の筐体設計を担当

開発生産本部 開発部
S.K
東海大学 工学部 精密工学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる