キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ

キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社

キヤノンマーケティングジャパングループ
業種 商社(事務機器・OA関連)
印刷関連/商社(電機・電子・半導体)/コンピュータ・通信機器・OA機器/広告
本社 東京

先輩社員にインタビュー

営業本部
O.M(25歳)
【出身】経営学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 大判出力を必要とするあらゆる業界にアプローチしています。
私は現在、「広幅複合機」と「図面の電子保管システム:EDMコア」、および「レーザプリンタ・カメラ・プロジェクタ」などCanon製品のソリューション提案に携わっています。
「広幅複合機」は、製造業の図面や建築業の設計図面、地図出力、印刷業、市役所・区役所など、大判出力する際に使われている製品です。大型判の出力に関する悩み・課題(出力する時の立ち上がりが遅いなど)をヒアリングし、それを解決するための機能などを提案し、自社製品の販売につなげています。
「図面の電子保管システム」は、普段の図面のやりとりを紙ベースで運用しているお客様に向け、業務効率改善、コスト削減等の観点から提案しています。製造業はいまだ紙ベースの業務が多いため、お客様が気づいていないメリットを先回りして提案することが大切です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
図面の承認作業をデジタル化し、お客様の業務の大幅な効率化に貢献!
ある製造業のお客様に対して「EDMコア」を提案した時のこと。電柱につける金具製品を製造している会社だったのですが、図面を各工場に配布する際、出力した全図面に手作業でスタンプを押す業務を行っていました。
そのやり方だと承認作業が煩雑になり、承認作業に関わる方々の負担が増えてしまいます。そのお客様に対し、まさに今「EDMコア」で、図面の承認作業を電子化する提案を行っています。
 業務効率に貢献できるよう、お客様に寄り添って仕事することを心がけています。
日々の営業活動はそれこそ地道な対応の連続ですが、最終的に「奥富さんに相談すれば何とかなる」とお客様から信頼していただけていると感じた時には、営業としてうれしい気持ちになります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き キヤノンの新しい分野の事業で、若いうちから活躍できる環境に魅かれて。
私は就職活動の時には志望業界を絞らず、自分がやりたいと思える仕事に就きたいと思っていた中で、たまたま就活サイトで当社を知りました。
当社に興味をもったポイントは、キヤノンの中でも新しい分野を担っていたことです。2014年に「昭和情報機器」「日本オセ」「キヤノンプリントスクエア」が統合し、プロダクションプリンティングという新しくスタートした事業であること。また若い人たちが活躍している事実に「新しい取り組みに投資している会社」というイメージを抱き、自分もその取り組みに参加したいと思いました。
最終的な決め手になったのは、じっくりと話ができる場をわざわざ設け、親身に相談に乗ってくれた社員の皆さんの人柄のすばらしさです。当社であれば良好な人間関係を築きながら、やりがいある仕事ができると思いました。
 
これまでのキャリア 2018年新卒入社 ⇒2018年7月マーケティング本部営業促進第三課 ⇒2019年1月第二営業本部 第一営業部 営業第一課(現職)

この仕事のポイント

職種系統 営業(企業向け・得意先中心)
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 機敏なフットワークと行動力が必要な仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は気張らず、ありのままの自分をアピールした方がいい会社と巡り合えると思います。なぜなら嘘の自分を取り繕って採用されたとしても、後々辛くなってると感じるからです。
また、社会人になると趣味に没頭する時間も減ってしまうので、学生の時にしかできないことを全力で楽しむのも大切ですよ。何かに没頭した経験は、意外と自己PRに活きると思います。

キヤノンプロダクションプリンティングシステムズ株式会社の先輩社員

POPに関するお客様の課題を自社開発のソフト・プリンターで解決する。

営業本部
Y.H
経営学部

ドイツ製プリンターを輸入し、国内販売に向けたマーケティング施策を推進。

マーケティング本部
O.N
政治経済学部

エンジニアとして、ソフト・ハード双方から製品づくりにアプローチ。

技術サービス本部
Y.K
理工学部

製品導入先のお客様と対話しながら、質の高い保守点検を行う。

技術サービス本部
K.Y
工学部

POP作成システムのカスタマイズ開発・リーダー業務に携わっています。

技術サービス本部
W.T
社会イノベーション学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる