メック株式会社メック

メック株式会社

化学薬品メーカー/電子基板・部品用薬品/研究開発型企業/
  • 株式公開
業種 化学
本社 兵庫
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

研究開発本部 技術開発センター 1グループ
K・K(28歳)
【出身】同志社大学大学院  理工学研究科 応用化学専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 金属表面処理剤の研究開発を担当しています。
金属表面処理剤と聞いてもピンとこないかもしれません。私も入社以前はそうでした。
皆さんの身の周りにある電子デバイスには、プリント基板と呼ばれる微小な金属配線が張り巡らされた板が組み込まれています。
その配線を形成するのに欠かせないのが弊社の金属表面処理剤であり、私はその処理剤の研究開発に携わっています。
最終的に処理剤そのものがスマートフォンやPCなどのデバイスに残るわけではありません。
ですが、そういった最新の電子デバイス製造に不可欠である処理剤の開発を通して、最先端テクノロジーの一端を担えるのがこの仕事の魅力です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
新領域向けの金属表面処理剤の開発を担当することになったこと
私は現在、海外の研究機関と協働して新規案件向けの金属表面処理剤を開発しています。
具体的には、ビーカースケールで薬液の開発と性能評価を行い、月に2回進捗状況を英語でのオンラインミーティングで報告しています。
私にとってはもちろんのこと、会社にとってもノウハウの乏しいテーマの開発ですので、わからないことも多いですが上司や先輩の手厚いサポートを受けつつ頑張っています。
まったく新しい技術に関わり開発を進めていくことや、違う国の人と協力して仕事するグローバル感は非常に良い経験となっていますし、この仕事の面白みであると感じています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 研究開発に注力している点
私がこの会社に決めた理由は、腰を据えて研究開発に携われそうと感じたからです。
研究開発部門の人数や研究開発への投資等から会社の中心に研究開発があると感じていました。
私自身大学院まで化学を専攻していたこともあり、修了後も研究開発に取り組みたいと考えていたのでこの会社で働くことを決めました。
研究開発を大切にしているという印象は入社後も変わらず、日々仕事に取り組む中で実感しています。
 
これまでのキャリア 研究開発(現職・今年で4年目)

この仕事のポイント

職種系統 応用研究・技術開発
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職するにあたっていろいろな希望条件があると思いますが、まずは視野を狭めることなく様々な企業を検討してみましょう。
どういう企業に就職したら自分は幸せなのだろうかをしっかり考えることが、納得のいく就職につながると思います。

メック株式会社の先輩社員

新規薬品の研究開発。次世代のための薬品開発や、作用機構の基礎研究。

研究開発本部 次世代材料研究室 2グループ
M・K
大阪大学大学院 工学研究科 応用化学専攻

電子基板の配線パターンを形成するための薬液の開発

研究開発本部 技術開発センター 4グループ
O・M
京都工芸繊維大学大学院 工芸科学研究科 生体分子工学専攻

電子回路基板を作るときに必要な薬液の研究開発。

研究開発本部 次世代材料研究室
N・R
近畿大学大学院 総合理工学研究科 物質系工学専攻

化学薬液の開発。技術的なお客様の対応。

研究開発本部 技術開発センター テクニカルサポートグループ
O・Y
関西大学 化学生命工学部 化学・物質工学科

機能性化学薬品の営業職。韓国ユーザーを担当している。

事業本部 営業第2部 3グループ
N・Y
大阪市立大学大学院 工学研究科 化学生物系専攻

銅表面処理剤の開発

研究開発本部 次世代材料研究室 2グループ
N・M
奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 物質創成科学専攻

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる