のぞみ信用組合ノゾミシンヨウクミアイ

のぞみ信用組合

金融機関
業種 信用金庫・信用組合・労働金庫
本社 大阪

先輩社員にインタビュー

萩原天神支店
中川 あずさ(26歳)
【出身】近畿大学  経営学部 キャリア・マネジメント学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 窓口業務。店舗窓口にご来店されるお客様を一番最初にお迎えします。
主に窓口業務を担当しています。ご来店されるお客様のご預金への入金や出金、お振り込みや税金・公共料金の納付等お手続きのほか、通帳やキャッシュカード等の紛失・お届け印の変更などの諸届の対応、相続発生時のお手続き等、幅広い業務を行っています。上司や先輩方と連携を取り、<報告・連絡・相談>を欠かさず業務についてます。窓口応対では、お客様に寄り添い、新設かつ丁寧に、相手の立場に立って、そして事務処理は正確かつ迅速に行うことを常に心掛けています。現在は窓口業務のほかに、所属店舗の資金管理も行っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客様に頂く『こころのこもった言葉』が私の活力になります。
入社して直ぐの頃、ご夫婦が定期預金のお預入れに来店されました。慣れない手続きに相当な時間を費やしてしまいました。手続きが終わりお客様がお帰りの際、大変お待たせしてしまったことをお詫びしたところ、「新人さん?」と聞かれ「はい」と答えると、「最初は仕方ないよ。大変だけど頑張って。」と声をかけて頂き、逆に恐縮したのを覚えています。それからは、そのお客様が来店される度に「頑張ってる?」と声を掛けて頂き、気にかけてもらえていることが、とても嬉しく思いました。仕事に少しづつ慣れてきた頃に、「テキパキと処理できるようになったね。」と言われ、私の成長を見てくれている人がいると思うと大変嬉しく、それが私の頑張る活力になっています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 親身な対応で、親しみをやすさ感じた。
最初は余り絞らず色々な業界を見るようにしていました。そして、多くの企業を見ていくうちに地元大阪で働きたいと思い、金融機関を見るようになりました。のぞみ信用組合を選んだ理由は、面接前に緊張している私を和らげようと話しかけて下さったことが印象的で、人の温かさと親しみを感じました。経営理念にもある『のぞみ実現のパートナー』として、お客様の近くで寄り添ってきたからこそ必要とされる金融機関になっているのだと思い、私もここの一員となり、お客様に寄り添い親しみやすい存在になって地元に貢献したいと思い決めました。
 
これまでのキャリア 窓口業務(4年)

この仕事のポイント

職種系統 一般事務・営業事務
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 慎重さと正確さが問われる仕事
仕事でかかわる人 高齢者と接する機会が多い仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

私は就職活動に必要な企業分析や自己分析が苦手で、また、自分のやりたいことがなかなか決まりませんでした。だからこそ、色々な企業説明会に参加し、話を聞くように努めました。そうすることで視野が広がり、自分にとって企業を選ぶ基準が分かってきます。私もそうやって進路を絞ってきました。友人や知人に内定が出ると焦ると思いますが、『他人は他人。自分は自分』と割り切り、自分のペースで最後まで諦めずに、自分が納得のいく就職活動を送って下さい。

のぞみ信用組合の先輩社員

総務部に所属。主に人事関連の仕事をしています。

総務部
本多 美由希
大阪経済大学 経済学部 地域政策学科

金融機関営業職。融資や預金のほか、様々な金融サービスのご提供、ご提案。

本店営業部
藤川 翔也
奈良産業大学 ビジネス学部ビジネス学科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる