多田建設株式会社タダケンセツ
業種 建設
建設コンサルタント/建築設計/コンサルタント・専門コンサルタント/その他サービス
本社 福島
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

工事部
齋藤 塁(23歳)
【出身】日本大学  工学部土木工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 現場の施工管理
私は現在河川の堤防整備工事を担当しています。各種測量や丁張設置などの実際の現場で行う作業、写真管理や書類作成などの事務所内で行う作業の大きく分けて2つの仕事を日々行っています。その日ごとの天気や現場の進捗状況に応じて毎日の仕事の内容は変わっていきます。私は、入社1年目の新入社員のため1つ1つの仕事が新しい知識や経験になっていくため大変な事も多々ありますが同じだけの喜びも感じることができます。また同じ現場の先輩社員の姿を見ていると「自分もいつかこのように!」と考えると頑張ろうと思える仕事だと思います。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
小さな出来事も大きな喜びに!!
入社1年目の夏、全てが初めてだった私にとって下請けの方々と上手く仕事をしていけるかという不安が1番大きかったです。先輩社員からも良い仕事をする上で下請けさんと良い関係を築くことは必要不可欠だと言われていました。そして初めて現場でお会いした時は勝手に苦手意識を持ってしまい一歩離れた所から現場を見ていました。数日後、下請けさんのお手伝いをする機会があり緊張しながらも現場で共に作業すると、一瞬にして自分で苦手だと勝手に思い込んでいたのだと感じるほど優しく丁寧に教えて頂きました。そして何より私の名前を覚えてくれていたただそれだけの些細な事ですが何より嬉しかったです。今では苦手意識も尊敬に変わり毎日居心地良く仕事に励んでいます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 地域に根付いた企業
私は、生まれも育ちも福島出身で可能な限り地元での就職という点の重きを置いていました。福島市内にも多々ある土木関連の建設業の中で多田建設株式会社を選んだ理由としては、大きく2つあります。1つ目は、転勤がなく主に福島県の県北地区に限った仕事が多いという点です。県内を転々とするのではなく、実家から車で通勤できる現場が多く生活リズムの安定や環境の変化も少なくストレス等も少なく仕事に従事できると思ったからです。2つ目は、今年(2019年)で創立70周年の企業という点です。2020年の東京オリンピック以降は建設業を含め景気が低迷していくと言われており、長い目で見て潰れない企業の選択という面も重要視していました。
 
これまでのキャリア 入社時「工事部」に配属になってから今まで工事部にて仕事しています。

この仕事のポイント

職種系統 施工管理
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 人を動かしたり、管理する能力が身につく仕事
特に向いている性格 誰とでも親しくなれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動をしていく上で自身が最も重要視したい条件を明確にしておく事が大事だと思います。私の場合は1番に福島市内の企業という事を重要視していたため早い段階で3つぐらいに絞ることが出来たので自分なりによく比較検討してから選択出来たと思います。当時、私の周りの友人を見ていても迷いスタートダッシュを上手く出来なかった人は最後まで焦りなどと戦い苦労していました。最初だけは出遅れちゃダメだと焦るぐらいの気持ちがあった方が後々楽できると思います。

多田建設株式会社の先輩社員

はじめての現場代理人!

工事部
菅野 翔太
日本大学 工学部土木工学科

インフラ整備で地域社会に貢献しています!

工事部
尾形 大樹
福島県立福島明成高等学校 環境土木科

下水道管布設工事の現場管理

環境整備部
菅野可人
福島県立福島明成高等学校 環境土木科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる