菅野建設株式会社
カンノケンセツ
2023

菅野建設株式会社

総合建設業/建築
業種
建設
住宅/不動産
本社
福島
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
総合評価 - 評価が高い項目 -

私たちはこんな事業をしています

当社は1947年に創業し、戦後の復興期、さらに高度経済成長を経て長い歴史を地域の発展とともに過ごしてきた建設会社です。社会インフラの整備、災害からの復興などに必要不可欠な建設業を営んでいる企業です。時代に合わせて最新の技術を導入し、スキルを持った人材の育成に力を入れながら、企業として順調に成長してきました。これからの地域に密着し、お客さまの信頼と期待に応えて日々の業務にまい進していく所存です。

当社の魅力はここ!!

企業理念

技術を磨き、チャレンジ精神を持ち、社会の進歩に貢献すること

建設業はガテン系の代表的な仕事で、古い体質を持っているイメージがあるかもしれません。しかし、実際は日々進化する建設機械や技術などが導入され、以前とは見違えるほど進歩している業界です。長い歴史を持つ当社も、常に最先端の技術を導入し、広く知識を求めながら新しいチャレンジを繰り返し、大きく進化してきました。時代の先を見据え、因習にとらわれず最高の品質を求めて研鑽を重ねています。誠心誠意お客さまのことを考え、自らにできることをたゆまぬ努力で磨き続けることで、事業を通じて社会に貢献することを目標としています。建設業に興味があり、地元でスペシャリストとして活躍したいという方はぜひご応募ください。

事業優位性

現代社会において、重要さを増す社会資本の整備を担う仕事

私たちが拠点とする福島県は、大規模な自然災害で壊滅的な被害を受けた地域です。こうした経験を踏まえて、災害に強いまちづくりと万が一の被害が出た時に早急に復旧できる体制の整備が重要だと再認識しました。建設業に携わる当社にとって、このような経験が自分たちの事業の根幹となり、社会にとって欠かせない役割を果たしているのだと確信しています。地域の産業と人々の生活を守る、快適で過ごしやすい地域を作るといった社会資本の充実のために、確かな技術を持つ建設会社はこれからも必要不可欠な存在です。移り変わるニーズに的確に応えながら、今後も重要さを増す社会資本の整備を担う建設事業を当社は担っています。

戦略・ビジョン

地球環境の保護、人々のライフスタイルの変化などにも対応

戦後復興期には、必要最低限の住環境の整備。高度経済成長期にはスピードと量産体制。その後、スクラップアンドビルドを中心とした、大規模な都市開発が主流となった時代もありました。このように移り変わる社会のニーズに的確に対応し、人々に求められる最適な建設・施工で、多くの物件に携わってきました。現代では、地球環境の保護、資源の有効活用などを考慮し、多様化する消費者のライフスタイルに合わせた柔軟な設計が求められるようになっています。当社では常に時代の先を読みながら、長年培ってきた技術とノウハウで、多様なニーズに対応していきます。建設業界の未来を見据えながら、意欲的に進化を続けている企業です。

会社データ

事業内容 土木工事業・建築工事業・とび・土木・コンクリート工事業・屋根工事業・タイル・れんが・ブロック工事業・舗装工事業・塗装工事業・防水工事業・内装仕上工事業・建具工事業・解体工事
設立 1949年5月
資本金 4,500万円
従業員数 53名(2021年1月時点)
売上高 60億3472万円(2020年9月時点)
代表者 代表取締役 菅野 日出喜
事業所 ■本社
〒960-8036 福島県福島市新町6番33号
■二本松営業所
福島県二本松市若宮2丁目154-27
■伊達営業所
福島県伊達市保原町字野崎10-2
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)