株式会社ダイドーフォワードダイドーフォワード

株式会社ダイドーフォワード

NEWYORKER/ニューヨーカー
業種 商社(アパレル・服飾雑貨・貴金属)
アパレル・服飾・雑貨・皮革製品/専門店(服飾雑貨・繊維製品・貴金属)/その他サービス/繊維
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

<eコマース>
Tさん
【出身】日本外国語専門学校  アジア・ヨーロッパ言語科 韓国語+英語専攻 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 少しの工夫でお洒落に着こなせるコーディネートをご提案する。
販売職時代は主にメンズ服の販売・接客を担当。
自分の好きなファッションで店頭に立ち、お客様と親密に関わりを持つことができます。
ニューヨーカーでは数多くのスーツを取り扱っています。
スーツと聞くと堅い印象を持たれがちですが、少しの工夫でお洒落に、
また永きに渡って着続けられる奥深さがあります。
その魅力をお客様にも感じていただきたいと思い、日々接客していました。
現在はオンラインサイトの運営に携わっています。
オンラインサイトに掲載する商品の撮影をしたり、商品を説明する文章やキャッチコピーを考えたりと、販売職のお仕事に繋がる部分が多いです。
オンライン上でも販売職で培ったコーディネート力や接客での提案力は活かされていると実感しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分が選んだ一着が、お客様だけの特別な一着に。
銀座店へ異動して間もない頃、40代くらいの男性の
お客様がスーツをお求めにいらっしゃいました。
接客経験が浅い私は、ぎこちないやりとりの中で少しずつお客様との距離を縮めていくことに。
ボタンや生地にこだわりのあるお客様だったので、
パターンオーダーのスーツをご提案しました。その時は、パターンオーダーの接客経験がなく、
先輩にアドバイスをいただきながら手慣れない応対をしてしまいました。
後日、仕立て上がったスーツをお客様へお渡しする際、
「高橋さんが頑張ってくれたから、嬉しい。」と称賛のお言葉をいただけたのです。
自分で頑張ってご提案した一着をお客様から認めて頂いたことに、
強い達成感と自信を得られた出来事でした。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 何十年経っても着続けられるスーツに魅力を感じて。
楽しく働きたいという思いのもと、人と関わり好きな格好で働ける
アパレル企業を中心に就職活動をしていました。
そんな時、たまたま目についたのがダイドーフォワードの求人。
当初は、スーツに対して堅苦しい印象を抱いており、自分がスーツを販売するとは考えてもおらず、軽い気持ちで説明会に参加しました。
説明会で、「洋服にはトレンドがあるが、スーツは何十年経っても着続けられる」
という言葉を聞き、どこか感慨深さを感じました。
知れば知る程スーツの魅力感じられたこの説明会がきっかけとなり、これまでの考え方が変わりました。自分のようにスーツに苦手意識を抱いている方は他にもいると思います。
着こなし次第で、カジュアルにもフォーマルにも着られるスーツの魅力を
より多くの方に広めたいと思い、入社を決意しました。
 
これまでのキャリア 2018年入社 販売/丸井国分寺店(5か月)→銀座店(1年)→本部へ異動/eコマース(現職)

この仕事のポイント

職種系統 販売・サービススタッフ
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 自分の仕事を自分で決めていく仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 自分の個性やセンスを活かしたい人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動と言うと、人生一度きりの、謂わば大選択の分岐点にいるということですよね。
私も自分の入りたいと思える会社に出会えなかったり、なかなか内定が頂けなかったり、
苦労しました。当初は「自分がどうなりたいのか」「今後どうしていきたいのか」を
重点的に就職活動をしてしまったことが、落ち目だったと痛感しています。
是非、就活性の皆さんには、会社分析と並行して「自己分析」にも注力してみて下さい。
必ず、ご自身の道標が現れると思います!

株式会社ダイドーフォワードの先輩社員

ショップマネージャーを支えながらマネジメントにチャレンジ。

<販売>NEWYORKER ウィメンズショップ サブショップマネージャー
Sさん
文化服装学院 服飾専門課程 服飾科

お客様のニーズを引き出し、それに合った新しいコーディネートをご提案。

<販売>NEWYORKER メンズショップ
Mさん
産業能率大学 経営学部 マーケティング学科

テレビ・雑誌を通じて商品の魅力を伝える。

<プレス>ウィメンズブランド担当
Kさん
大妻女子大学 家政学部被服学科

お客様のお悩みをヒアリングし、一人ひとりに合ったご提案を。

<販売>NEWYORKER ウィメンズショップ
Hさん
明治学院大学 経済学部 経済学科

ブランドの魅力的なヴィジュアルを提案する。

<VMD・店舗設計>ウィメンズブランド担当
Sさん
明治学院大学 文学部 芸術学科 芸術メディア専攻

ウィメンズの販売をはじめ、お店づくりやブログなどの販促活動を担当。

<販売>NEWYORKER ウィメンズショップ
Mさん
文化学園大学 服装学部服装社会学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる