株式会社 小松電業所コマツデンギョウショ

株式会社 小松電業所

建設機械・鉱山機械の外装部品、タンクなどの製造メーカー
業種 機械
設備・設備工事関連/建設/重電・産業用電気機器
本社 石川
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

電装部
STさん
【出身】富山大学  工学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 いわば電装部の“縁の下の力持ち”。
現在の仕事は、電装部における生産管理全般を行っています。お取引先のメーカーからの発注に応じて生産計画をたてる仕事です。生産ラインの人数を決め、製造工程と製品規格の整合化と適正化を図り、注文や在庫の調整を指示します。生産計画の進捗チェックは勿論ですが、部品や製品などの納期管理と品質管理も行います。また、設計図面の現場への展開も大事な仕事です。回路図を含む製作図面は通常1冊約1,000ページにもおよぶのですが、製品が5種類あるとしたら5冊全部にランダムに記載されています。これを製品ごとに整理して現場に展開し、仕事がしやすいようサポートします。図面に不具合があった場合、修正してお取引先のメーカーへお伝えするのも重要な役目です。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分のためだけに仕事をするのではない。
仕事に慣れ、仕事がどんどん楽しくなり次第に戦力として認められるようになって来た頃のことです。生来、生真面目すぎる性格の私は他人の無責任な発言や人任せな行動を感じたら、それを人に強く言ってしまうことが度々ありました。このままでいいのかなという漠然とした不安を抱えていると、直属の上司が気づいてくれてリーダーシップ研修を薦めてくれました。
その過程で様々な違う視点から物事を判断できるようになったと思います。今まで、仕事は自分のためキャリアを最優先に考えていましたが、周りの人たちと協力してやりがいのある仕事を一緒に創っていきたいという考えに変わりました。そのとき、それまでの自分のものの見方や考え方と向き合い、そこでの気づきが自分の言動を変える大きな変化点になりました。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 活躍する自分が想像できたから
就職活動をすすめるなかで多くの企業をみましたが、自分が一番活躍できる場があると感じたのが小松電業所でした。
この会社で働き甲斐を感じながら働いていけるのではないかと将来の自分をなんとなく想像することができたのが、この会社を選んだ大きな理由です。
実際に働いていみて、あの時の自分の感覚は間違っていなかったなと思っています。
 
これまでのキャリア 2014年4月入社
電装部業務課配属 → 業務課 主任 → 製造課 課長

この仕事のポイント

職種系統 機械・電機・電子機器設計
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

“働き甲斐”の定義は様々ですし、個々人の働き甲斐の観点もそれぞれだと思います。
私が理想の職場と考えているのは“その人が柔軟にその時々のライフスタイルに合わせて働ける職場”です。
みなさんも自分にとっての働き甲斐はどんなことか、それを実現させることができるのはどんな場所かを考えて就職活動をしてみては良いのではないでしょうか?

株式会社 小松電業所の先輩社員

新たな技術やソフトを駆使して「工場の生産性」を高める仕事

生産技術部
MIさん
富山大学 工学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる