サンヨーコンサルタント株式会社サンヨーコンサルタント

サンヨーコンサルタント株式会社

測量 建設コンサルタント 地質調査 土木設計 PFI
業種 建設コンサルタント
建築設計
本社 山口

先輩社員にインタビュー

第一設計部
崎村 浩亘(24歳)
【出身】島根大学  総合理工学部 地球資源環境学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 第一次産業に貢献するほ場整備設計と農業水利施設点検
私の仕事は田んぼや畑の整備事業を行うための設計、そしてポンプやパイプライン等の点検や調査を行っています。
具体的には小さな田んぼを纏めて区画整理を行うことで大きな田んぼに作り替えて生産効率を上げること、そして農業をするために欠かせない水利施設を長く経済的に利用することを目的とする仕事です。
地元住民の財産である土地や施設を扱う仕事なので、地元の意見によって方針が変わることもある、所謂正解が一つではない仕事です。正解が一つではないからこそ面白く、知識が求められるため、どうすればより使いやすく地元住民のためになるか、いつも考えながら仕事をしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
日常に新たな関心が生まれ、知識が増えていくこと
この仕事に大きく魅力を感じることは、普段見ることが出来なかった、見ることが少なかったものを見られることです。仕事で実際にほ場整備事業や施設点検業務に携わることでそれまで気にも留めなかった田んぼの水路や施設等に興味・関心を持つことができます。この興味・関心がかなり重要であり、実際に興味を持つことで今後の役立つ知識を増やすことに大きく貢献し、見たり調べたりすることで地元に対して良い提案や説明ができ、内容に深みを持たせることに繋がります。その結果、意見の提案や説明に納得してもらえ、採用された時は大変うれしく思います。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 個人が活躍できる・評価してくれる会社
私がこの仕事を選んだ理由に卒業した学科が地質系で卒業生の多くは建設コンサルタントに就職することが挙げられます。しかし、私が一番重視していたことは個人が活躍できて評価してくれる会社であることです。私が卒業した大学の学科では個人や少人数のグループで調査を行い、地質図の作成や調査結果の発表を行う機会が多くありました。特に印象的なのは3年の夏休期間に少人数グループによる実習で行った調査です。少人数だったため個人の活躍が求められ、成果内容や評価に直結します。この際に私は個人の活躍でより良い成果を生み出すことが出来、より良い評価につながることを実感しました。
この経験から私は若手が多く入社し、活躍しているサンヨーコンサルタントを選びました。
 
これまでのキャリア 大学卒業後に入社し、第一設計部に配属されました。最初の内は橋梁点検や橋梁補修設計業務の業務補助をしながら橋梁について勉強していました。入社して1年経つ頃に縁あってほ場整備や施設点検に携わっています。

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 生活基盤や社会インフラを作り上げる仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動をする際に重要だと思うことは、あなたが就職先に求める条件は何かを理解しておくことです。就職活動の際に求める条件は仕事内容や職場の雰囲気など色々あると思います。それをしっかり理解して就職活動をすることで入社後のミスマッチをなくすことが出来ると思います。

サンヨーコンサルタント株式会社の先輩社員

災害から人々を守る、砂防ダム・擁壁工等の設計業務

第二設計部 係長同格
田中 和樹
北海道大学大学院 環境科学院 地球圏科学専攻

土石流災害から地域住民の人命・財産を守る為の構造物設計をしています

第二設計部 係長
渡辺 祥史
福岡大学 理学部 地球圏科学科

会社を支える総務業務。

総務部 主任
原田 麻衣
宇部フロンティア大学短期大学部 保育学科

公共測量業務、地籍調査を担当しています。

建設コンサルタント統括本部 測量部
山縣 寛
千葉工業大学 工学部 建築都市環境学科

地域業界の発展に向けた、多彩な協会活動

技術管理室 室長
民部 雅史
山口大学大学院 工学研究科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる