サンヨーコンサルタント株式会社サンヨーコンサルタント

サンヨーコンサルタント株式会社

測量 建設コンサルタント 地質調査 土木設計 PFI
業種 建設コンサルタント
建築設計
本社 山口

先輩社員にインタビュー

建設コンサルタント統括本部 測量部
山縣 寛(26歳)
【出身】千葉工業大学  工学部 建築都市環境学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 公共測量業務、地籍調査を担当しています。
山口県や各市町発注の工事に伴う業務委託において、主に公共測量業務を担当しています。また、一筆ごとの土地の所有者、地番、地目を調査し、協会の位置と面積を測量する、地籍測量等も行っています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
携わった業務の完成した様子を見た時に喜びを感じます。
平成30年7月豪雨において、砂防ダム建設のための測量・設計に携わりました。土石流発生後の現場に赴き、気温35度以上の過酷な環境下で現地調査を行い、とても苦労した現場作業でしたが、周辺に住む方々が少しでも早く安心して生活できることを目指して業務を行いました。1年後、この場所に立派な砂防ダムが完成した様子を見たとき、達成感・喜びを感じました。
また、測量技術は日々進歩しており、UAV(ドローン)や3Dレーザースキャナー等、新しい技術が投入されており、それらにいち早く携われることもこの仕事の好きなところです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 大学時代の経験を生かせる企業であったこと。
大学では地域デザインについて専攻しており、まちづくりに関係する研究をしていました。業界研究を行う際は、自分の専攻を社会に生かすことはできないかと考えており、建設関連業界であれば、まちづくりについて学んだ知識を生かしつつ、後世に残る仕事ができると思いました。
地元山口県で就職したいと考えており、山口県で長年インフラ整備に携わっているサンヨーコンサルタントを知り、入社を志望しました。
 
これまでのキャリア 建設コンサルタント課(2年)⇒測量部(現職)

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 災害・事故・犯罪からヒトの命を守る仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 臨機応変な対応力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

人が1日に出来る良質な意思決定の回数は限られています!
就職活動では普段の生活に比べて意思決定の数がかなり増えることになるでしょう。
細かい意思決定の数を減らすと、就職活動に対して、より良質な意思決定が出来ることになります。
普段の生活を見直し、本当に必要な行動か?習慣化できないか?を書き上げて行動してみるとスッキリした状態で自分と向き合う時間を作ることが出来るはずです。

サンヨーコンサルタント株式会社の先輩社員

第一次産業に貢献するほ場整備設計と農業水利施設点検

第一設計部
崎村 浩亘
島根大学 総合理工学部 地球資源環境学科

災害から人々を守る、砂防ダム・擁壁工等の設計業務

第二設計部 係長同格
田中 和樹
北海道大学大学院 環境科学院 地球圏科学専攻

土石流災害から地域住民の人命・財産を守る為の構造物設計をしています

第二設計部 係長
渡辺 祥史
福岡大学 理学部 地球圏科学科

会社を支える総務業務。

総務部 主任
原田 麻衣
宇部フロンティア大学短期大学部 保育学科

地域業界の発展に向けた、多彩な協会活動

技術管理室 室長
民部 雅史
山口大学大学院 工学研究科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる