サンヨーコンサルタント株式会社サンヨーコンサルタント

サンヨーコンサルタント株式会社

測量 建設コンサルタント 地質調査 土木設計 PFI
業種 建設コンサルタント
建築設計
本社 山口

先輩社員にインタビュー

第二設計部 係長
渡辺 祥史(30歳)
【出身】福岡大学  理学部 地球圏科学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 土石流災害から地域住民の人命・財産を守る為の構造物設計をしています
私は現在、建設コンサルタント課において、主に砂防設計業務に携わっています。
砂防業務とは、近年多発する土石流災害を未然に防ぐ為に、砂防ダムの設計を行うものです。建設コンサルタント課の主な仕事内容は、計画地の現地状況を考慮し、その場所毎に最も適した設計を行うことです。
砂防業務の主な流れとしては、土石流発生時の規模を把握する為、現地の渓流を調査し、どれだけの土砂が流出するかを想定します。その後、土石流に対して、安心・安全で経済的なダムの規模を決定し、国土交通省や山口県土木建築事務所の承認を得た上で、成果品納品となります。一般的な流れは上記の様になりますが、実際は自然だけを相手にするわけではなく、そこに暮らす地域住民の事も考慮する必要があります。よって、責任感を常に持って業務を遂行しています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
自分が設計した構造物が後世に残り、人々の役に立つことを実感できます
この仕事では、自分達が設計した構造物が、地域の方々の安心・安全な生活に関わるものとして後世に残るため、やりがいを感じます。自分が担当した業務が施工に入り、完成した姿を見た時は、言い表せない程の喜びがあります。
 また、当社は若い社員にも積極的に業務の担当を任せて下さるため、若いうちから活躍の場があります。そして、上司・先輩方が私達の意見・疑問等に対して話し合いの場を設けて下さいます。こういった環境で働くため、早く一人前になって更に会社の役に立ちたい、と考えることができます。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 悲惨な被害を未然に防止し、地域の役に立ちたい
私がこの仕事を選んだ理由はズバリ、地域の方々の生活の役に立ちたい、との考えを持っていたからです。平成21年に山口県防府市において、豪雨によって発生した土石流により、老人ホームで多くの尊い命が失われました。当時私はまだ学生でしたが、この災害後に現地の見学に訪れたことがあり、その際、「土石流の発生を想定し、上流で土石流を未然に防ぎ、人命を守ることはできなかったのか」と強く感じました。この思いが、今の仕事を選び、砂防業務に携わっていることに大きく関係していると感じます。
 
これまでのキャリア 入社後は、大学の専攻(地質調査・地球環境)もあり、地質調査課に配属されました。約1年半、砂防・地すべり業務に携わり、その後建設コンサルタント課に異動となりました。異動後は砂防設計業務に携わっています。

この仕事のポイント

職種系統 建築・土木技術者
仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 新しいモノを生み出す力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

皆さんと同じように就職活動を経験した私から、アドバイスをしたいと思います。
会社選びの際は、「生涯関わり続けたい仕事かどうか」をじっくり考え、その会社に入社したら何をしたいのか等、目標を持ちましょう。他人がどの会社の説明会に行くか等に流されず、自分の生涯のためによく考えて選びましょう。

サンヨーコンサルタント株式会社の先輩社員

第一次産業に貢献するほ場整備設計と農業水利施設点検

第一設計部
崎村 浩亘
島根大学 総合理工学部 地球資源環境学科

災害から人々を守る、砂防ダム・擁壁工等の設計業務

第二設計部 係長同格
田中 和樹
北海道大学大学院 環境科学院 地球圏科学専攻

会社を支える総務業務。

総務部 主任
原田 麻衣
宇部フロンティア大学短期大学部 保育学科

公共測量業務、地籍調査を担当しています。

建設コンサルタント統括本部 測量部
山縣 寛
千葉工業大学 工学部 建築都市環境学科

地域業界の発展に向けた、多彩な協会活動

技術管理室 室長
民部 雅史
山口大学大学院 工学研究科

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる