株式会社ガンバリオン ガンバリオン
業種 ゲームソフト
ソフトウェア/情報処理/ゲーム・アミューズメント機器
本社 福岡
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

開発部 プログラマー
菅生 賢悟
【出身】ECCコンピューター専門学校  ゲーム開発プログラムコース 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 『ワンピース 超グランドバトル!X』のプログラミングを担当
入社後の最初の配属先は『ワンピース アンリミテッドワールドR』のチームでした。
PlayStation3やPlayStation Vita、WiiU版で新しく追加されるキャラクターの挙動や攻撃のタイミングなどの組み込みを担当。入社当初は、同じチームのプランナーやデザイナーから質問をされても答えられなかったり、別チームの人たちとの関わり方が分からず戸惑ったりしました。その後、ニンテンドー3DS用ゲーム『ワンピース 超グランドバトル!X』のチームに入り、必殺技が当たった時の決め台詞など画面演出の文字表示やUIを担当しました。開発終盤はタイトなスケジュールの中、文字演出を一人で担い、本当に大変でしたが、乗り越えられた自分に成長を実感できました。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
誰よりも早く自分が作ったものをゲーム画面で見られること。
プランナーが仕様を作って、デザイナーが絵を描いて、プログラマーがその絵を動かす、というのがゲーム開発の大きな流れで、プログラマーが最後の工程になるのですが、動作チェックで誰よりも早くゲーム画面で自分が作ったものを見られるのはプログラマーの特権ですね。そして、組み込んだものがちゃんと動いた瞬間は毎回嬉しいですし、ホッとします。また、この仕事の好きなところは、プロの方たちの仕事を目の前で見ることができ、そこに自分が携われることです。プランナーが考えたアイディアやシステム、デザイナーがつくったデザインなど、自分自身は思いつかないようなものを合わせて自分の手で組み立てられることが楽しいですね。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 素のままの自分でいられて、意見を言うことが出来る環境。
「こういうゲームを作っていきたい」と理念が明確だったところに共感できました。
また社内の雰囲気がよく、仕事は厳しいですが人間関係が良好で働きやすく、気張らずに素のままの自分を出せるところもガンバリオンの好きなところです。この会社に入って、ちゃんと自分の意見を言えるようになりました。仕様書の通り、言われた通りにやるのではなく、お客様であるユーザーの立場で見たときに本当にこれが正しいのかを考えます。また現状の仕様書で動かせる形にするのは当然ですが、後から別の要素が来た時に応用が利くのかどうか、追加や変更に耐えられるプログラミングを初期の時点で考える力も必要です。
 
これまでのキャリア 開発部 プログラマー(現職:8年目)

この仕事のポイント

職種系統 ゲームクリエイター
仕事の中身 趣味・プライベートシーンを楽しくする仕事
仕事のスタイル 目標をきちんと予定通り進めることが必要な仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 客観的に整理・分析する能力が身につく仕事
特に向いている性格 信念を持って物事に取組むことのできる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

ゲーム会社へ応募作品を送る際は、自分がどういうところを頑張ったかをアピールした方が良いです。デザイナーやプランナーは、アピールポイントが分かりやすいのですが、プログラマーは一目では分かりずらいからです。意外に学生の皆さんは書かれていないことが多いので、「このあたりを一番力を入れたので見てください」と書いた方が絶対いいですよ!

株式会社ガンバリオン の先輩社員

初オリジナルタイトル『パンドラの塔 君のもとへ帰るまで』のデザイン担当

開発部 アーティスト
竹内 業
日本デザイナー学院 デザイン学科

スマートフォン向けゲームアプリのプランニングチーフを担当。

開発部 プランナー
猪口 裕香
九州大学 芸術工学部 芸術情報設計学科

スマホ向けゲームアプリ『ゴロンディア(GOLONDIA)』のデザインを担当。

開発部 アーティスト
三浦 佳奈恵
金沢美術工芸大学大学院 美術工芸研究科 修士課程絵画専攻

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 説明会・イベント予約 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる