株式会社ヨークベニマルヨークベニマル
  • グループ募集
業種 スーパー・ストア
その他専門店・小売/食品
本社 福島、栃木

先輩社員にインタビュー

ヨークベニマル 青果部門
大場 拓也(25歳)
【出身】石巻専修大学  経営学部卒 卒
【年収】360万円位
これが私の仕事 青果売り場担当 主に野菜・果物の発注・計画・販売
主に野菜を中心に青果売り場の売場作りから商品の計画・発注を担当しています。メンバーさん(パートさん)や他の部門の人と協力し、お客様に意思を持って売り込みたいと思った商品を売り込んだ際に、多くのお客様の手に取って頂けた時に喜びを感じます。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
長いもを一週間売り込みヨークベニマル全社1位の1実績を残した
長いもを売り込む、といってもどのように売り込んだらいいのかもわからず、行き詰っていた時、青果マネージャーから「新米が入荷するからそれに合わせたチャンスがあるのでは?」とのアドバイスをもらい、お客様は新米を使って何か簡単に食べられる物を買いたいのではないか?という仮説を立て、仕掛ける前週にどのサイズがお客様に支持されているのかを調べ販売はMサイズに、通常は袋に入れて販売する商品である長いもを裸売りで展開し鮮度感を出しました。他店の情報を取り入れたり、メンバーさんに手伝って頂いたりと販売した結果、週間で全社1位の17万円の実績を残しました。これは宮城県内の全店舗に共有事例として発信されました。仮説を立て、皆の力を借りて売り込むことは今後どの商品でも参考になりますし今回の売り込みで学んだことでした
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 商品を展開することでお客様の食生活提案、お客様満足のために仕事が出来る
もともと小売業でアルバイトをしていたこともあり、スーパーマーケットに興味がありました。勉強のために様々なスーパーマーケットを見て回った時に当社のお客様満足度が全国的に見ても高い、という資料を目にしました。売上、利益、売場作りのレベルが高い、ということよりも来店したお客様に対して満足していただくために商売をしているという点に魅かれました。就職試験の説明の中で当社が掲げている経営理念の「野越え山越えの精神」を聞き、「一人のお客様は10軒20軒の代表である」という一人ひとりのお客様に買い物をしてよかった、店に来てよかった、と思っていただけるように仕事を行えというもので、売上や利益の為ではなくお客様の為に仕事を行うという点に感動し、長い間自分が働いていくならこの会社だ。と思う決め手になりました。
 
これまでのキャリア 石巻蛇田店青果担当(2年間)→矢本店青果担当(1年半)→湊鹿島店青果担当(現職・今年で1年目)

この仕事のポイント

職種系統 販売・サービススタッフ
仕事の中身 日常生活や身の回りで欠かせないモノやサービスを扱う仕事
仕事のスタイル 毎日違うお客様とお会いしていく仕事
仕事でかかわる人 一般消費者・利用者と接する仕事
仕事で身につくもの 顧客の嗜好を洞察する力が身につく仕事
特に向いている性格 大勢の人と協力しながら進めるのが好きな人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

就職活動は「自分が何をしたいか」「どういった仕事がむいているのか」などわからない事や不安でいっぱいだと思います。その不安は仕事をしていくうちに消え自信に変わります。今まで何をしてきたのかよりこれから社会に対し何が出来るのか?のほうが重要です。スタートラインはみんな一緒です。過去や現在よりも未来に向け、長い目で見て仕事を続ければ楽しくなりますし、やりがいもでてきます。ひとつのことにこだわらずに、あせらずゆっくりと会社を探してみてください。

株式会社ヨークベニマルの先輩社員

鮮魚部門の担当として、発注・売場作りを行っています

ヨークベニマル 鮮魚部門
菅原 將太郎
仙台大原簿記公務専門学校 ビジネス学科

生鮮食品スーパーマーケットでの販売計画の立案から発注、売場作りまで

ヨークベニマル 加工食品部門
大沼 美保
武蔵大学 人文学科 英語英米文化学科

店舗でのお客様への商品提案・販売、売場作り

ヨークベニマル 住居部門
菅野 真広
東北学院大学 経済学部 経済学科

日配品の販売計画・発注・品出し。パートナー社員の教育。

ヨークベニマル デイリー部門
渡部 梨沙
東北大学 文学部 人文社会学科

衣料品販売。接客、売込み、値下げ、発注など

ヨークベニマル 衣料部門
橋本 庸平

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる