株式会社椿本マシナリーツバキモトマシナリー

株式会社椿本マシナリー

つばきグループ(椿本チエイン100%出資子会社)/機械商社
業種 商社(機械)
商社(自動車・輸送機器)/その他商社
本社 大阪
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

エンジニアリング部
安川 徹(36歳)
【出身】京都工芸繊維大学  工芸学部・機械システム工学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 主に製造業を行っている工場の装置・部品の販売を行っています。
単純に古くなった部品を販売するだけでなく、お客様が自社設備に対して不満をもっていたり、生産量UPなどの改造を実施しようとしている時もあります。そういった場合はお客様と一緒になって具体的にどう改造・改良するかも相談して、提案させて頂く場合もあります。そういう時にお客様と一体感をもって仕事ができる事が喜びにもなります。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
お客様に提案した物が功を奏し、作業効率UPに繋がって御礼をいわれた事。
入社2年目の時、建材ボードメーカーで製品原料を運ぶベルトコンベヤに関して客先担当者がベルトコンベアへの原料が多く付着してしまう事で搬送効率が悪く、またその付着原料の回収にも手間がかかっていて困っていました。そこで問題解決のできる商品を探し、ベルトへの負担がすくない樹脂製のベルトクリーナーを提案。採用してもらい設置した所、大きく効果を発揮し付着原料の量が約1/5に減って作業効率が上がったと喜んでもらえました。その提案品自体は50万円弱程度で超高額といったほどの販売品では無かったのですが、御礼の言葉とともにそれまで競合他社に発注していた物の注文が頂けた事が大変嬉しかったです。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き 自分が好きな機械の装置・部品に関して実際に成果が見える形で携われる事。
小さい頃から物の組合わせでひとつの動きの行う「機械」が好きで、大学で専攻したのも機械に関する知識を得る事ができる学科でした。いざ就職先を決めようとした時、研究職等ではなく実際に世間の役にたっている機械を直接見たり触ったりできる仕事に就きたいと考えていました。そんな時に自分の思いに合致した椿本マシナリーを知り、昔実家の近くに親会社である椿本チエインがあった事もあり、運命的なものも感じて就職を決めました。苦労する事もありますが、実際に稼働している装置・部品を見ながらその改造・改良に関われる事が大変幸せです。
 
これまでのキャリア 営業職(現職・今年で12年目)

この仕事のポイント

職種系統 技術営業・システム営業
仕事の中身 生活にプラスアルファな喜びや潤いを提供していく仕事
仕事のスタイル 臨機応変な対応力が必要とされる仕事
仕事でかかわる人 企業を相手に商談を行う仕事
仕事で身につくもの 新しい動きに敏感になり、幅広い知識が身につく仕事
特に向いている性格 ヒトの気持ちを理解し、相手に合わせた対応がとれる人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分が本当にやりたい事を仕事にする事が長続きする事に繋がり、ひいては自分の人生を豊かにする事になると私は思っています。その為にも就職活動をしている自分の気持ちを良く見つめ直したうえで、数多くの会社の説明会に参加し、恥ずかしがらずに聞きたい事を聞く事で自分に本当に合った会社を探してみてください。

株式会社椿本マシナリーの先輩社員

大手物流企業を担当し、物流仕分システムへの部分供給を行っています。

東京オフィス
川本 智也
立命館大学 政策科学部

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる