社会医療法人厚生会コウセイカイ

社会医療法人厚生会

木沢記念病院・多治見市民病院
業種 医療関連・医療機関
福祉・介護/スポーツ・フィットネス・ヘルス関連施設
本社 岐阜
インターンシップ・1day仕事体験の評価30件~40件
  • 総合評価
  • 4.38 評価点数の画像
  • 評価が高い項目
  • 人事とのやりとり 4.54

先輩社員にインタビュー

薬剤部
Tさん
【出身】富山大学  薬学部・薬科学科 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 薬のスペシャリストとして、他職種と協同して患者をサポートする。
現在薬局で調剤業務をしながら、自由に動ける時間をもらって病棟でも業務を行っています。 調剤は、内服薬や注射薬の調剤の他に高カロリー輸液の無菌調製や抗がん剤の混注業務も行っています。 病棟での業務は、入院患者さんの投薬状況を確認したり、直接患者さんのところへ行って話を聞きながら副作用のモニタリングやアドヒアランスの確認をして医師や看護師に必要な情報をフィードバックしたりしています。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
様々な職種の人たちと患者さんの治療を支えていくことができる。
病院で薬剤師として働いて良かったなと思うことは、様々な職種のスタッフと意見を交わし合い、共に成長しながら患者さんの回復を手助けでき、さらに、その過程や経過を見守れることです。
残念ながら、順調に治って元気になる人たちばかりではなく、なかなか回復しない人もいます。そのような時、様々な職種がそれぞれの専門的な立場でアイデアを出し、患者さんの治療の手助けをしています。NSTもその一例です。栄養面が充実していないと回復が遅れてしまうので、薬剤師は点滴としての栄養をみていきます。その人の状態に合わせて一番最適な輸液を提案し、NSTで話し合い医師に提案していきます。検査データが良くなっていたり、褥瘡が治っていく様子をみると、もちろん他の治療や看護師の日々のケアあってこそですが『良かったなぁ』と嬉しくなります。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き スタッフの数が多く、自宅から近い職場。
私は自宅から通える総合病院を探していました。 大きな病院の方がたくさんのことを学べるイメージがあったので、できるだけたくさんの診療科があるところ、そして、毎日通う場所なのでできるだけ近いところという条件であてはまった木沢記念病院を選びました。 実際通勤を苦に感じることもなく、毎日多くのことを学べており、充実した時間を過ごしています。
 
これまでのキャリア 調剤専門(2年間)→調剤、循環器病棟(現職・7年目)

この仕事のポイント

職種系統 薬剤師
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

病院にもそれぞれいろいろな特色があります。自分のやりたいこと、なりたい薬剤師像を具体的にイメージし、それに合った職場を見つけてください。
また、気持ちの良いあいさつのできる人になってください。
患者さんへのあいさつはもちろん、スタッフ間でも良いあいさつは良い人間関係を築くきっかけになると思います。

社会医療法人厚生会の先輩社員

入院患者さんへの調剤業務

薬剤部
Hさん
岐阜薬科大学 薬学部・薬学科

調剤業務,発注業務,在庫管理

薬剤部
Tさん
金城学院大学 薬学部

医療機関での事務スタッフ

医事課
Aさん
修文大学 短期大学部 生活文化学科

医療事務 入院係

医事課
Uさん
名古屋医療秘書福祉専門学校 診療情報管理士科

医療現場での事務スタッフ

医事課
Mさん
名城大学 農学部 応用生物化学科

医療現場での事務スタッフ

医事課
Hさん
岐阜大学 工学部電気電子情報工学科情報コース

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる