ミヤリサン製薬株式会社ミヤリサンセイヤク

ミヤリサン製薬株式会社

医薬品/メーカー/動物用医薬品/健康飲料/研究開発/商社
業種 医薬品
化学/商社(医薬品)/医療関連・医療機関/商社(化学製品)
本社 東京
インターンシップ・1day仕事体験の評価(-件)
  • 総合評価
  • -
  • 評価が高い項目
  • -

先輩社員にインタビュー

長野研究部
Z.T(31歳)
【出身】名古屋大学  農学部 卒
【年収】非公開
これが私の仕事 ◆自社製品の品質向上に取り組んでいます。
私はおもに自社商品の生産性・品質向上を目的とした研究を行なっています。具体的には整腸剤に含まれる成分『酪酸菌(宮入菌)』の培養方法を研究しています。研究のメインテーマは「どうすれば、菌の培養スピードを早められるか」や「成分濃度を高められるか」などなど。研究では既存の培養方法の一部工程を変えてみたり、全く違うアプローチを仕掛けてみたりとやり方は様々。1週間かけて菌の増殖状況などの経過観察を行なうので、根気よく研究を続ける必要があります。そして結果が出たら分析を行ない、良かった点や悪かった点などを洗い出し、次回の研究へとつなげていきます。正直、思うような結果が出ない時も多々ありますが、少しずつ良い結果が表れるようになっていく過程は研究職ならではの「楽しさ」がありますね。
 
だからこの仕事が好き!
一番うれしかったことにまつわるエピソード
◆実際の生産工程に、私の研究成果が採用されるとき。
やっぱり自分の研究結果が部署内でも認められたことでしょうか。私たちの仕事の難しいところは良い結果を出せても、再現できなければ本当の意味で成功したとは言えないことです。もちろん、同じ工程通りやれば同様の結果を出せるかも知れませんが、他の事例と比較した時に「何が成功のカギとなったのか」や「どうしてそうなったのか」といったことまで深く掘り下げ、ロジカルに説明できた時に初めて成功したと言えると私は思います。
また、結果を出しても論文止まりで終わることが珍しくない業界において、当社では実際の生産工程に成果が取り入れられるので、やりがいを感じながら働くことができています。今後は高効能な酪酸菌を、より効率的に培養していけるよう研究を積み重ね、生産コストの削減などにつなげていきたいと考えています。
 
ズバリ!私がこの会社を選んだ理由  ここが好き ◆社員の雰囲気や、風通しの良さに惹かれて。
私は前職でも化粧品の研究職を経験していたのですが、人間関係を理由に退職。その後は実家のある長野県に戻り、転職活動に取り組んでいました。最初は特に分野を限定せずに色々な企業を見ている中で出会ったのが「ミヤリサン製薬」でした。前職のこともあり、転職活動では「一緒に働く人」の雰囲気などを重視していたなかで、当社は私一人のために社内見学の機会を設けてくださったり、質問にも一つひとつ丁寧に答えてくださったりと、とても好印象でした。
もちろん、前職とは異なる分野に挑戦することに不安もありましたが、研究で使用する機材などは応用が利きましたし、入社当初は先輩のアシスタントとして知識やスキルなどを身につけられたので、一人で研究に携わるようになった後も自信を持って取り組むことができました。
 
これまでのキャリア 大学を卒業後、化粧品メーカーに入社。2017年にミヤリサン製薬へ入社。その後、長野研究部に配属。

この仕事のポイント

職種系統 基礎研究
仕事の中身 ヒトの美容や健康を支える仕事
仕事のスタイル ひとつのプロジェクトを長期間かけて進める仕事
仕事でかかわる人 その道のプロと呼ばれる人と一緒に進める仕事
仕事で身につくもの 上質のサービスや商品に接し、知識・教養が深まる仕事
特に向いている性格 何事にも粘り強さで勝負する人向きの仕事

先輩からの就職活動アドバイス!

自分のなかで「核」となるモノを見つけると、スムーズに就職活動を進められると思います。「自分が何をしたいのか」が曖昧なままだと、企業選びがうまく進まなかったり、志望動機を説明できなかったりします。そのため、もし同じようなことに悩んでいる方は自己分析をし直すところから始めてみましょう。また説明会だけでなく、実際に職場見学を希望してみるのもアリだと思います。実際に働いている人を目にすることで、入社後のイメージもつきやすくなると思います。

ミヤリサン製薬株式会社の先輩社員

獣医師の方々の助けとなれるように

動物薬事業部 共済薬事部
A.K
東海大学 生物学部生物学科

◆獣医師の方たちと、生産者の皆様をつなぐ架け橋として。

動物薬事業部東京課
H.A
福岡大学 理学部化学科

まだ見ぬ「新薬」を生み出す研究

中央研究所
C.S
富山大学 大学院 理工学教育部生命工学専攻

事業開発に関わる業務を担当しています

事業戦略部
Y.O
北海道大学 医学部 保健学科臨床検査技術科学

新薬開発の根幹を担うシーズ探索

中央研究所
Y.Y
慶應義塾大学大学院 薬学研究科卒

研究を行うための菌の培養過程に携わります。

坂城工場 製造部 培養課
K.M
大月短期大学 経済学部経済学科

先輩社員をすべて見る

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になる 気になるリストに追加済 インターンシップ・仕事体験エントリー
閉じる
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
閉じる