三重機械鉄工株式会社
ミエキカイテッコウ
2023
業種
プラント・エンジニアリング
設備・設備工事関連/その他製造
本社
三重

私たちはこんな事業をしています

大正8年創業、100年を超える歴史を持ちます。圧力容器の設計・製造において長い経験と高い技術力を持ち、国内外のプラントで活用されるなど、多くの実績を持っています。また、四日市の象徴でもあるコンビナートプラント設備の保守、メンテナンスの施工管理も手掛けています。私たちは製品の提供、設備の保守・メンテナンスを通じて地元産業に貢献をし、平成30年には経済産業省から「地域未来牽引企業」に選定もされました。

当社の魅力はここ!!

事業優位性

社会のインフラを支える事業であり景気の変動を受けにくい業種

当社の事業は、一般消費財の製造・販売とは異なり、景気の変動を受けにくいという特徴があります。社会基盤を支えるインフラに関わる各種プラント設備は、景気に関係なく稼働することが求められるため、それに関わる定期メンテナンスや補修などは、一定のボリュームで存在します。そのため、日本経済が落ち込んだような局面でも、ベースとなる受注は安定しており、私たちの経営を支えているため、安心して働くことができます。もちろん、経済が上向きの時には、新規設備の設置なども増えるため、その分だけ業績を押し上げる効果があります。不景気でも安定しており、好景気に大きなチャンスがあるビジネスモデルで、順調に業績も推移しています。

事業・商品の特徴

圧力容器を代表としてプラントを支える重要な製品を提供

私たちが主力商品として扱っている圧力容器は、大気圧とは異なる一定の圧力を加えた液体や、気体を貯蔵するために使われるものです。石油化学プラントでは、蒸留塔などをはじめとしてさまざまな用途で用いられており、耐久性・強度などに対して絶対の信頼性が要求されます。容器の形状・溶接技術・素材や加工技術など、高度な技術力・開発力・設計力が必要となる繊細な設備でもあります。当社は昭和30年代から、設備に対して技術を積み重ね、長年にわたる実績があり、国内外で大きな評価を受けています。このようにして培ったノウハウを活かし、幅広い産業用途への応用など、事業領域を拡大しながら大きく成長を続けています。

仕事内容

プラント設備の専門家になれてコミュにケーション能力も身に付く

プラント設備の施工管理の仕事では機械や電気の知識を活かす場面が多々あり、仕事を通して機械、電気、建設等に非常に詳しくなれます。更に施工管理の特徴として取引先、外注先、自社の社員など色々な人と打合せをしたり折衝をする場面が多くあることです。こういった仕事を経験することで専門的な知識とコミュニケーション能力の両方を身に付けていくことが可能です。もちろん、入社後しばらくの間は先輩社員に同行するなど、研修の期間を設けてありますのでご安心ください。時間をかけて育成します。

会社データ

事業内容 〇石油精製・石油化学プラント、発電プラント用機器の設計・製作
〇産業用機械の設計・製作
〇鋼構造物、貯槽の設計・製作
〇石油精製・石油化学プラントの定期修理工事
〇プラント設備の修理・保守
〇タンク建設・改造・保全工事
〇プラント配管工事
〇プラント解体工事
設立 1949年10月
※創業:1919年12月
資本金 1億円
従業員数 169名
売上高 83億5700万円(2020年実績)
代表者 代表取締役 佐藤 俊平
事業所 【本社工場】
〒510-0101
三重県四日市市楠町小倉1701
【鹿島出張所】
〒314-0255
茨城県神栖市砂山2668-8
気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました

ログイン・会員登録

ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
まだ会員でない方は
会員登録(無料)

この企業に注目している人は、他にこんな企業に注目しています

気になるリストに追加しました
現在アクセスが集中しております。時間を置いてから再度お試しください
気になるリストの追加に失敗しました
ログイン・会員登録
ご利用にはログイン、または会員登録が必要になります。
会員の方はこちら
ログイン
まだ会員でない方は
会員登録(無料)